チョコプラが小学生の疑問に回答 「友達は1人でもいい」と断言する理由

チョコレートプラネットの2人に、芸人を目指したきっかけや友達付き合いのコツ、モノマネの極意を聞きました!

ライター:山口 真央

テレビ番組や自身のYouTubeチャンネルで、独自のキャラクターになりきり、コントや歌ネタを披露しているチョコレートプラネットの長田さんと松尾さん。

そんな2人に、芸人を目指した理由やネタ作りの方法などを伺いました。さらに小学生に向けて、友達付き合いやモノマネのコツも伝授! チョコレートプラネットの人気の秘密に迫ります。

芸人を目指した理由は「お兄ちゃん目が死んでる」の一言でした。(松尾)

京都府出身の長田さん(左)と、神奈川県出身の松尾さん(右)。2人が芸人を目指したきっかけとは? 写真:金栄珠

ーーどうしてお笑い芸人を目指そうと思ったのですか?

松尾駿さん(以下松尾、敬称略):学校を卒業してから特にやることもなくて、段ボール工場でフリーターをしていたんですけど、妹に「お兄ちゃん、目が死んでる」って言われちゃって。これはまずいと思って、そこからお笑い芸人を目指しました。

長田庄平さん(以下長田、敬称略):俺は中流階級の家庭で育って、学校でもヤンキーとか頭がいいとかでもなく、とにかく「普通」でした。

大人になって実家の町工場を継ぐかどうかという話になったときに、人生のゴールが見えて愕然としたんです。「俺がおじいちゃんになったときに話すエピソードトーク、少なっ!」って(笑)それでエピソード作りに東京で、お笑い芸人を目指してみようと思いました。

ーー大人になってからお笑い芸人を目指したのですね! 小学生のときは、どのようなお子さんだったのでしょう?

松尾めちゃくちゃ消極的な子どもでした。鍵っ子だったんですけど、学校に行ってから何度も鍵を忘れてないか確認するくらい、心配症だったな。

長田:俺は、通信簿にはムードメーカーって書いてもらったけど、それはいい表現に変えてくれたんだと思う。落ち着きがなかったし、ずっとふざけていたから、よく注意されていた記憶があります。

みんなに好かれようとするとキツい。1人でも親友がいればそれで十分。(長田)

チョコレートプラネットの、ほとんどのネタを考えている長田さん。ネタ作りの秘密とは? 写真:金栄珠

ーーここからは、小学生のお子さんの質問にお答えいただきます。まずは友達付き合いについての質問です。
「友達に嫌われてしまいました。また仲良くなるには、どうしたらいいですか?」

松尾:嫌われたこと、気にしなくていいと思うけどなあ。学校での関係がすべてじゃないし。俺はSNSとかで自分の悪口を言う人のこと、全っ然、気にしていないよ(笑)。

長田:強いな(笑)。たしかに卒業したら何でもなかったと思えるけど、嫌われたときは気になるのもわかるな。でも俺は、自分を気に入らない人に合わせるより、気に入ってくれる人と一緒にいたい

俺は人付き合いしないので、人に合わせないでいたら、友達はパンサーの向井だけになったけど(笑)。友達は1人でも全然いい! みんなに好かれようとするのは、しんどいからやめたほうがいいね。

向井長田のくるま温泉ちゃんねる

仲良しが乗じて、ついにYouTubeチャンネルを開設! テレビでは見られない、プライベートな2人の姿に密着!
次のページへチョコプラが教えるモノマネの極意!
21 件