2021.11.15

11月15日 十五夜に月光怪獣キララがかぐや姫を迎えにやってくる

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 11月15日(1974年)

11月15日は、七五三の日。男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の時に子どもの成長をお祝いします。11月15日は、旧暦の二十八宿中の鬼宿(きしゅく)といわれる最吉日。そして、旧暦の15日は成人式やお盆など他にも祝祭日となっていた(ほぼ)満月の日でもあります。『ウルトラマンレオ』では、十五夜の晩に不思議なことが起きたのでした。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「11月15日」(1974年)。

 他の「ウルトラ怪獣日和」を見る 

自分の使命の邪魔をするウルトラマンレオに反撃する月光怪獣キララ
©️円谷プロ

1974年4月12日より放送が開始された『ウルトラマンレオ』。地球を防衛する宇宙パトロール隊MAC(マック)のおおとりゲン隊員が変身するウルトラマンレオは、L77星が故郷で宇宙拳法の達人! 得意の格闘技で宇宙の平和を守ってきた。ウルトラセブン=モロボシ・ダンがMACの隊長を務めていたことや、シリーズ後半のハードなストーリー展開は現在でもファンの間で語り草になっている。

普段は城南スポーツセンターの指導員として働いているゲン。生徒であり優れた身体能力を持つ弥生の様子がおかしいことに気づいたゲンは、弥生の両親のもとに向かう。

ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

月から謎の球体がやってくる

1974年11月15日。この日に放送された第32話「さようならかぐや姫 竹取り物語より」は、「かぐや姫」をモチーフとしたお話だ。

15歳の弥生は、半年前から「自分は月の王女で、十五夜の晩に使いが迎えに来る」という謎の声に悩まされていた。弥生の様子がおかしいことを心配したゲンは、弥生の両親から話を聞くが、特に変わった様子はないらしい。

ゲンがMACの本部に戻ると、月の裏側で膨大なエネルギーが観測されていた。そして、月の火山から謎の球体が出現。球体は、地球に向かって移動を始めた。

弥生は月の王女だった!

MACは弥生を守るため、弥生の実家に向かう。しかし、そこで弥生の両親は、弥生は実子ではなく15年前に輝く竹の中から見つけたという事実を聞いた。

一方、地球にたどり着いたキララは、球体から怪獣の姿になり、体を発光させた。すると、弥生の服装が十二単のような装束に変化し、それまで「月に行きたくない」と怯えていた表情が消える。キララは跪き、手を差し出すと弥生は無言でそれに乗ろうとした。

そこに、ゲンがウルトラマンレオとなって登場。レオとキララの戦いが始まった。それを見た弥生は戦いを止めようとする。

キララは光線を発射し、弥生がつけていたペンダントを破壊した。それによって、月の王女としての自我を取り戻したのか、弥生は一度だけ両親に頭を下げ、キララとともに月に帰っていくのだった。

月光怪獣キララ

口から光弾を発射して攻撃することができるが悪意はない
©️円谷プロ

【ウルトラ怪獣事典】
月光怪獣キララ
身長/53メートル
体重/3万トン

月の火山から地球にやってきた月族の怪獣。15年間続いた「悪いやつら」との戦い(詳細は明かされなかった)に勝利し、地球に避難させていた弥生を迎えにきた。邪魔をするレオと戦ったが、人類に悪意はもっていない。

登場エピソード:『ウルトラマンレオ』第32話「さようならかぐや姫 竹取り物語より」(1974年11月15日放送)
脚本:石堂淑朗/監督:中川信夫/特撮監督:矢島信男

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。
ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
https://imagination.m-78.jp/

ウルトラな毎日を手帳と共に!?

こんなデータが凝縮されているのが『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』。
いわば「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳です。
・週間カレンダー:その日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文。
・月間カレンダー:テレビの放送開始日や映画の公開日。
・作品の詳細なデータをリスト化(巻末)。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザインが楽しめます。
丈夫なビニールカバー付きで、リアルな日常使いにも耐えるスペックです。
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)

11月15日は、キララが月の王女を迎えにきた日

11月15日は、15年間地球で育った「月の王女」である少女を月からの使者であるキララが迎えにくるエピソードの日。レオはいったんキララと戦うものの、本来の自分、自身の生い立ちを受け入れた弥生を尊重して見送るのでした。

子どもの成長を祝う七五三の日に放送されたのも、感慨深いものがあります。

『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)
Ⓒ円谷プロ Ⓒウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳。
・週間カレンダーにはその日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文を掲載。
・月間カレンダーにもテレビの放送開始日や映画の公開日を掲載。
・巻末には週間カレンダーで紹介した作品の詳細なデータをリスト化。気になったエピソードのサブタイトルや主な登場怪獣・宇宙人も確認できる。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザイン。
・丈夫なビニールカバー付き。

©円谷プロ

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。
SNS:テレビマガジンTwitte...