「お子さんがごきげんになる声かけは?」いて座・やぎ座・みずがめ座・うお座

超人気月星座占星術家・Keikoのこどもの才能を伸ばすお子さま月占い第5回「声かけ編」

Keiko

お子さんの機嫌がよくなる声かけは?

わが子の”気分スイッチ”は月星座が教えてくれます! 月星座がいて座・やぎ座・みずがめ座・うお座の子の開運につながる親からの声かけをご紹介します。

「月星座」とは?

数々の天体の中で、潜在意識や、本心・感情、あとは日々の運気の移り変わりを表す天体『月』。

「月星座」とは、あなたが生まれたその瞬間、月があったサイン(星座)のことです。一般的な占星術で使われるのは「太陽星座」ですが、占星術家keikoは「月星座」を重要視しています。

特に7歳までは「月星座」の性質が大事なので、育児や小さなお子さんとのコミュニケーションにも大変役立ちます。
まずはお子さんの月星座をチェックしてください。

いて座

月星座がいて座のお子さんのごきげんになる声かけとは……?

自由を認めて強運体質をさらに伸ばす

月星座・いて座のお子さんは、ラッキースター・木星を守護星に持つ強運の持ち主。

自由な環境でこそ才能が花開きます。声かけも「好きなだけ〇〇していいよ」「やってごらん!」「失敗もOK」など、親御さんの寛大さを示す言葉がいいでしょう。

状況を見ながら、お子さんの自由を尊重する声かけをするほど、ごきげんになってくれるはず。文武両道が狙えるお子さんですから少々の失敗はご愛嬌!

やぎ座

月星座がやぎ座のお子さんのごきげんになる声かけとは・・・?

がんばりを認めてあげる声かけを

努力して到達点に登り詰めるパワーを持つ惑星・土星を守護星に持つのが、月星座・やぎ座のお子さんです。

欲しいものや目標のためにはがんばれる素質を持っているので、日頃からその努力や踏ん張りを褒めてあげる声かけが良いでしょう。

「がんばったね~」「もう少し!」「やった~、できたね!」などがおすすめです。遊びで失敗したときも、「もう少しだったね」など、努力をねぎらって。

みずがめ座

月星座がみずがめ座のお子さんのごきげんになる声かけとは……?

オンリーワンの魅力を親御さんが称賛してあげる

月星座・みずがめ座のお子さんは、現状打破のパワーを持つ惑星・天王星を守護星に持っています。

ユニークな発想力とひらめきを持っていますから、ただ褒めるだけでなく、オンリーワンの魅力を見つけて褒めるようにしてあげると良いでしょう。

具体的には、「すごいね! どうやったの?」「○○くん(ちゃん)はオンリーワン」などのフレーズを使うと、運気もごきげんもアップ。

うお座

月星座がうお座のお子さんのごきげんになる声かけとは……?

愛する気持ちを常に言葉で

イマジネーションを後押しする惑星・海王星を守護星に持つ、月星座・うお座のお子さんは、とにかく想像力が豊か!

このクリエイティビティを花開かせるには、親御さんから愛され、見守られているという実感が必要です。

「ここにいるよ」「どうしたの?」「いつも一緒だよ」と、いつも気にかけていることをアピールして。絵やアニメを一緒に見て、共感してあげるのもごきげんのもと。
文/藤本容子
この記事は「げんき」2021年8/9月号を再構成したものです。

Keiko

占星術家。月を使った開運法「Lunalogy®」および新月満月を使った願望達成法「Power Wish®」創始者。慶應義塾大学法学部卒...

げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...