「才能を引き出す遊び&教育のヒントとは?」しし座・おとめ座・てんびん座・さそり座

超人気月星座占星術家・Keikoのこどもの才能を伸ばすお子さま月占い第7回「教育のヒント編」

Keiko

才能を引き出す遊び&教育のヒントとは?

わが子の才能発動スイッチは月星座が教えてくれます。 今回は月星座がしし座、おとめ座、てんびん座、さそり座の子の才能を引き出す遊びや教育のヒントをご紹介します。

「月星座」とは?

数々の天体の中で、潜在意識や、本心・感情、あとは日々の運気の移り変わりを表す天体『月』。「月星座」とは、あなたが生まれたその瞬間、月があったサイン(星座)のことです。

一般的な占星術で使われるのは「太陽星座」ですが、占星術家keikoは「月星座」を重要視しています。

特に7歳までは「月星座」の性質が大事なので、育児や小さなお子さんとのコミュニケーションにも大変役立ちます。
まずはお子さんの月星座をチェックしてください。

しし座

月星座がしし座のお子さんの才能を引き出す遊びや教育とは……?

ステージに立てる子に育てよう

クリエイティブな才能を持って生まれたのが月星座しし座のお子さんです。

ミュージカル、子ども音楽会、演劇、絵画、バレエなど文化的娯楽に触れさせることが、才能を伸ばす教育に。

「生きるためには喜びがなくてはならない」、そんな人生の真理を知っているお子さんです。

スポットライトを浴びて褒められると運気が上がりますから、お芝居やダンスなど、続けるとステージに立てる習い事がおすすめ。

おとめ座

月星座がおとめ座のお子さんの才能を引き出す遊びや教育とは……?

お片づけを通して世界に親しむ

月星座おとめ座のお子さんはキレイ好きで、整理整頓された空間の快適さを知っています。

企業の人事部門や医療分野の研究者にも多い月星座なのは、あちこちに散らばった“宝”を整理して機能的に動くようオーガナイズする才能を持っている証(あかし)。

おままごと、お片づけ遊びはもちろん、世界を整理して理解するために欠かせない、そろばんなどの「数字」に親しむことも才能を伸ばすきっかけになります。

てんびん座

月星座がてんびん座のお子さんの才能を引き出す遊びや教育とは……?

人と接する機会をどんどん増やす!

美的センスと社交能力を持って生まれたのが月星座てんびん座のお子さんです。

甘え上手でついワガママを許したくなる笑顔が特徴的。

友だちや家族と平和に仲良く暮らすための気づき、譲り合うことが学べる絵本やアニメで才能が伸びるでしょう。

親子ヨガで近所の赤ちゃんなど、人と会うきっかけを作ってあげてください。

可能であれば、マナーセンスも学べる教室や習い事がおすすめです。

さそり座

月星座がさそり座のお子さんの才能を引き出す遊びや教育とは……?

好きなことに集中させてあげる

月星座さそり座のお子さんは生まれながらに“マイワールド”を持ち、物静かに見えて、周囲を観察している頭の良いお子さんです。

集中力が持ち味ですから、遊びもできるだけ長時間付き合い、ひとり遊びも気が済むまで集中させてあげてOK。

ものづくりや科学教室など、お子さんが興味を示すならばニッチな習い事もおすすめです。

意思表示をできる限り尊重し、自主性を育ててあげましょう。
文/藤本容子
この記事は「げんき」2021年8/9月号を再構成したものです。

Keiko

占星術家。月を使った開運法「Lunalogy®」および新月満月を使った願望達成法「Power Wish®」創始者。慶應義塾大学法学部卒...

げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...