『マルいアタマをもっとマルく! 日能研クエスト iPS細胞と人体のふしぎ33 人体のしくみと最新研究』

著:小野寺 佑紀 監:茨木 保

0 件
発売日 2017/11/30
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN-13 9784062208826
判型 A5
ページ数 208ページ

「IPS細胞」「オートファジー」ってなんだろう?人体の基礎知識を不老不死の薬、古代エジプトのミイラづくりから始まる医学の歴史を追いながら、細胞とはなにか、病気とはなにかを経て、現代の研究へと導いていきます。全ページを多くの図版、やさしい文体で構成し、簡単に読み進めることができます。「IPS細胞」「オートファジー」をはじめ、これから必要とされる研究までが自然と理解できる内容です。


「IPS細胞」「オートファジー」ってなんだろう?
日本人がノーベル賞を受賞した、その最先端の研究を理解したい! そんな好奇心の強い子どもたちの期待に応える一冊です。

最新の研究を理解するためには、人体、医学についての基礎知識が必要です。それらの基礎知識を不老不死の薬、古代エジプトのミイラづくりから始まる医学の歴史を追いながら、細胞とはなにか、病気とはなにかを経て、現代の研究へと導いていきます。
全ページを多くの図版、やさしい文体で構成し、簡単に読み進めることができます。

「どうして夢をみるのか?」「鼻水が飛ぶ速度は?」などの人体にまつわるおもしろいコラムも充実。

読み終わると、「遺伝子」「クローン」「IPS細胞」「オートファジー」をはじめ、これから必要とされる研究までが自然と理解できる内容です。

はじめに iPS細胞がノーベル賞を受賞 第1章 人類vs.病と死 第2章 細胞ってなーに? 第3章 遺伝のからくり 第4章 DNAってなーに? 第5章 不死身の細胞とクローン人間 第6章 iPS細胞ができた! 第7章 iPS細胞ならこんなことができる 第8章 iPS細胞と未来

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ

もっと見る