『アルノと サッカーボール』

作:イヴォンヌ・ヤハテンベルフ 訳:野坂 悦子

0 件
発売日 2011/05/22
価格 定価:本体1600円(税別)
ISBN-13 9784062626316
判型 A4変型
ページ数 36ページ

アルノはパパからサッカーボールを買ってもらって、嬉しい反面、「大事にするのよ」とママに言われて、ちょっとビクビク。ピカピカのボールをもって外に出ると、当然のように「そのボールであそぼう」と、知らない子から誘われます。
初めてボールを地面に置く瞬間の気持ち、やがて試合にのめり込み、アルノがゴールを決め、試合終了。
 サッカーに熱中して、家に帰るのがすっかり遅くなってしまい、ママはぷんぷん。でも、そんなことどうだっていい、ぼくたちはいい試合をしたんだ、とアルノは満足だったのです、というお話。

・訳者からのメッセージ
イヴォンヌさんの今度の絵本は、サッカーの国オランダらしいおはなし。パパからもらった「ほんもの」のサッカーボールを、アルノは使いたいような、使いたくないような、もやもやした気持ちです。いっしょにサッカーする友だちが、ひとりずつ増えて、しかたなくボールをけったときのアルノの顔といったら……。でも、そのあとみんなで試合に夢中になって、アルノは「ほんもの」の喜びを手に入れます。サッカーボールのおかげで!友だちの顔ぶれも、自分より小さい子、女の子、肌の黒い男の子と、マイノリティにさりげなく配慮しているところにも、オランダらしい優しさを感じる一冊です。

書店在庫を見る

オンライン書店