『子どものための失敗学―人はだれでも失敗するもの』

著:畑村 洋太郎 絵:いわしろ いずみ

0 件
発売日 2001/11/20
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN-13 9784062109505
判型 四六
ページ数 112ページ

「じつは」「わたしも……」「」ぼくも……」
「失敗は隠さず、そっと話そう」

世の中にはたくさんの失敗があります。
失敗には、許されるものと、許されないものがあるようです。
個人の成長や社会の進歩についてまわる失敗は、許される失敗だと思うのです。――あとがきより

親や大人の暖かい理解があれば、子どもは失敗を通していろいろなことを学び、飛躍したり、創造性を発揮して、成長するものです。

●1章――記憶は体を使って確実に 体を使って思い出す 1章のまとめ 失敗は成長する ●2章――手順や行動をパターン化する キップ、キップはどこだ! 2章のまとめ 失敗の理解 ●3章――途中変更をしたときは要注意 いつものところにカギがない! 3章のまとめ 失敗原因の分析と知識化 ●4章――常識も変わるときがくる 毎年同じとは限らない 4章のまとめ 固定化した考え方から抜け出す ●5章――痛みを伴う体験によって身につく 手を切らなければ、痛さがわからない 5章のまとめ 失敗を成功に変えるには ●6章――先輩の経験に学べ 6章のまとめ 失敗体験が、ほんとうの理解を生む ●7章――だれにでも失敗はあるもの おねしょの思い出/親はかんたんにだませたけど 7章のまとめ 失敗者への対応 (抜粋)

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ