『新装版 しろいおくりもの』

文:立原 えりか 絵:永田 萠

0 件
発売日 2013/11/16
価格 定価:本体1200円(税別)
ISBN-13 9784061325623
判型 A12取
ページ数 36ページ

秋の最後のひと葉が散って、冬がやってきました。  ある朝、まどかは雪の野原を歩いていると、美しい白い箱を見つけます。箱のまわりには星のかたちのかけらがいっぱい落ちていました。かけらは拾い上げると、すっと消えてしまいます。  凍った湖にも雪が積もりました。そこには真っ白いそりがとまっていて、たくさんの白い箱が積んであり、たくさんの白い服の子どもたちがいるのです。  まどかが拾った箱を抱えて立っていると、子どものひとりがかけてきて、「あった、ぼくの だいじなもの・・・・・・。」と、言って箱を持ち去ってしまいます。その子がそりに乗ると、そりは動き出しして、真っ白い森の奥に消えていきました。 「あの子たちはどこからきたのかしら?」その夜、まどかは考えていると、外はまた雪になりました。  まどかが外に出ると、あのそりと子どもたちがやってきていました。子どもたちがそれぞれ手に持った小さい白い箱を開けると、星のかたちのかけらがあふれ出し、空に上って雪になっていきます。そりを引いて、夜空に舞い上がる子どもたち。雪の中に「あ、り、が、と、う」の文字が、きらきらとかがいて見えました。

書店在庫を見る

オンライン書店