『幕が上がる』

原作:平田 オリザ その他:喜安 浩平 文:古閑 万希子 絵:ほおのき ソラ

0 件
発売日 2015/02/13
価格 定価:682円(本体620円)
ISBN-13 9784062854726
判型 新書
ページ数 208ページ

富士ケ丘高校演劇部は、毎年地区大会止まり。そんな弱小演劇部に、かつて学生演劇の女王だった新任の先生がやってきた。「行こうよ、全国!」。高い目標をもった部員たちは、部長に就任したさおりのもと、演劇ひとすじの日々を過ごす。芝居に対する葛藤、将来への不安や悩みを抱えながらも、熱い友情で結ばれた彼女たちの最終幕が、しずかに上がる――。映画のストーリーを、小・中学生向けにノベライズした青い鳥文庫版!


富士ケ丘高校演劇部は、毎年地区大会止まり。そんな弱小演劇部に、かつて学生演劇の女王だった新任の先生がやってきた。
「行こうよ、全国!」。高い目標をもった部員たちは、部長に就任したさおりのもと、演劇ひとすじの日々を過ごす。芝居に対する葛藤、将来への不安や悩みをかかえながらも、熱い友情で結ばれた彼女たちの最後の幕が、今しずか上がる――。
映画のストーリーを、小・中学生向けにノベライズした青い鳥文庫版!

1 部長になる 2 新歓オリエンテーション 3 学生演劇の女王あらわる 4 季節はずれの転校生 5 演出家デビュー!? 6 初公演 7 台本が書けない! 8 行っちゃう? 全国大会 9 夏合宿のサプライズ 10 『銀河鉄道の夜』 11 さよなら、吉岡先生 12 幕が上がる

書店在庫を見る

オンライン書店