『しまなみ幻想 名探偵浅見光彦の事件簿』

著:内田 康夫 絵:青山 浩行

0 件
発売日 2015/11/13
価格 定価:本体740円(税別)
ISBN-13 9784062855242
判型 新書
ページ数 352ページ

●ピアニストを目指している村上咲枝は、1週間おきの週末ごとに自宅のある愛媛県の今治市から東京へレッスンに通い続けている。片道11時間半、船中2泊の長旅である。咲枝の音楽の才能を見い出したのは母親の美和だった。3歳からピアノを習い始めた咲枝が遊び半分に鍵盤を叩くうちに、一度耳にしただけのメロディーを同じように弾くことが出来る力があると知って、自分がかなえられなかった夢を託すべく音大時代の親友島崎香代子へ託したのである。しかし、その母は今はもういない。来島海峡大橋から投身自殺をしてから3年が経とうしていた。理由は実家の老舗和菓子店が抱えた負債を苦にしたというものだったが、咲枝はそんなことで母が死を選ぶとはどうしても考えられなかった。そして、その疑念を自分以外の人間が抱いていることを知って彼女は驚くことになる。浅見光彦という以前島崎先生宅で顔を合わせたルポライターが、母の自殺についていくつか調べてみたところ、不審な点が出てきたのだという。こうして二人は協力して事件の真相を知るために乗り出すことになるのだったが……。

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ