まさかのガシャポン化! ガシャポン自販機そのものがカプセルトイに!

1/12スケールのミニサイズ! ガシャガシャ回せてカプセルも飛び出す!

テレビマガジン編集部

1/12 BVM100、1/12 ガシャポンステーション(全5色) 本体高さ各約6センチ 1回300 円(税込)  ©BANDAI

逆転の発想!? ガシャポン自販機そのものがカプセルトイに!

玩具売り場はもちろん、スーパーや駅など、今やあらゆるところで見かけるようになったカプセルトイ。

その発展を支えたメーカーの1つであるバンダイが、ガシャポン発売から2022年で45周年を迎える記念プロジェクトの一環として、1/12スケール、高さ約6センチのガシャポン自販機そのものをカプセルトイとして発売!

2022年5月中旬より順次、全国の玩具売り場、量販店、家電店などに 設置されたカプセル自販機に登場している。

初代ガシャポン機は今回が初のカプセルトイ化!

期待のラインアップは全6種。バンダイが1977年、カプセルトイ市場に参入した当時の初代ガシャポン自販機「BVM100」に加えて、2022年現在、全国に設置している「ガシャポンステーション」を白、オレンジ、黒、青、黄の5色のカラーバリエーションでラインアップする。

初代ガシャポン自販機を、ガシャポンの商品として販売するのは今回が初の試み! 

しかも「1/12 BVM100」には、1977年当時のバンダイロゴと、45周年を機にリニューアルしたガシャポンのロゴをプリントした、カスタムディスプレイが付属。マニア心を大いにくすぐられそうだ。

左から、「1/12 ガシャポンステーション」の黄色と、初代ガシャポン自販機である「1/12 BVM100」。どちらも細部まで精巧に再現されている  ©BANDAI 

明るく元気な印象が漂う、「1/12 ガシャポンステーション」の白とオレンジ  ©BANDAI  

どこかシックな雰囲気の、「1/12 ガシャポンステーション」の黒と青色  ©BANDAI  

ハンドルをガシャガシャ回してカプセルが出るギミックも再現!

さらに「1/12 ガシャポンステーション」には、ミニカプセル6個と、カスタムディスプレイ(全5種のうちランダムで1種1枚)が付属。

なんとミニカプセルは実際にセットし、ハンドルをガシャガシャ回して取り出せる!

また、カスタムディスプレイはシール状になっており、ディスプレイ部分に貼り付けることで、実際のガシャポン自販機のように、表面に商品情報を掲げられるのもうれしい。

カスタムディスプレイを貼ったり、カプセルトイをセットして楽しもう  ©BANDAI 

カプセルトイは2022年5月中旬より順次、全国の玩具売り場、量販店、家電店などに設置されたカプセル自販機に登場している。

ファンはぜひ訪れてガシャポンにトライしてみてはいかがだろうか。
詳細はバンダイ商品ページにてチェック!
【商品データ】
1/12ガシャポンステーション 全6種
■サイズ 本体高さ各約6センチ 
■価格 1回300 円(税込)  
■対象年齢 15歳以上
■付属品
●1/12 BVM100
バンダイ ガシャポンロゴ入りカスタムディスプレイシール、黒い台(初号機のデザインの付属品として組み立て式の黒い台が含まれております。)
●1/12 ガシャポンステーション
ミニカプセル6個、カスタムディスプレイシール(全5種のうちランダムで1種1枚)

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...