『アリスの悩み』

著:R.フィリス・ネイラ- 訳:佐々木 光陽 絵:メグ ホソキ 解説:灰谷 健次郎

0 件
発売日 1996/06/14
価格 定価:638円(本体580円)
ISBN-13 9784061484436
判型 新書
ページ数 246ページ

灰谷健次郎氏も大感激!!
「素敵な女性」になるための秘訣がギッシリつまっている本です。
――少女アリスは魅惑的だ。繊細で、そのくせ、とんまなこともやらかす。ミーハー的なところもあるのに、人や自分を見る目は鋭い。あるときは小悪魔だったり、あるときは道化師だったりする。思春期の、あるいは思春期前の少女なら、誰でもうなずいたり、くすんと笑ったり、いっしょに、ちょっぴり落ちこんだりするキャラクターが、じつに痛快で、楽しい。――解説・灰谷健次郎

アリスは12歳で、楽器店の店長をしているパパと、大学生の兄・レスターの3人家族の紅一点。年ごろのアリスの興味は、唇につけるリップ・グロスや下着の選びかた、BF(ボーイフレンド)とのデート方法だ。そして、なによりも必要なのは、それらのことを教えてくれる“ママ”の代わりになる女性だ。そんなアリスの前に、タイプの違うふたりの女性教師が現れて……。

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ