『この人が語る「不登校」』

編:全国不登校新聞社

0 件
発売日 2002/02/05
価格 定価:本体1500円(税別)
ISBN-13 9784062110839
判型 四六
ページ数 252ページ

不登校は、ひとつの選択枝―― 学校の外にはもっともっと広い世界が開かれている! 各界で活躍中の18人が、体験を交えて語る 勇気と希望がわいてくる提言集 ●学校が合わない子どもにとって、学校で過ごす時間は、ある種虐待をされているのと同じです(羽仁未央) ●僕は学校に行かないということは、社会とどう折り合いをつけるかということでもあると思います(谷川俊太郎) ●学校に行かないなんて人生のなかでちっぽけなことでしょう。じゃあ誰が大騒ぎをしているのかというと、親ですね(立川志の輔) ●僕は、不登校するというのは、非常に素直で、正直な反応だと思います(椎名誠)――本文より 「不登校新聞」は、不登校にかかわるさまざまな人々を結び、読者とともにつくる新聞です。情報提供をはじめ、読者間の交流を広げること、不登校についての理解を広く社会に訴えることを通じて、子どもの人種を擁護・発展させること、子どもの社会参加・自立を促進すること、学歴社会の変革に寄与すること、などを目的としています。

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ