『ぼくのおじさん』

著:川渕 圭一 絵:なかだ えり

0 件
発売日 2003/05/20
価格 定価:本体1400円(税別)
ISBN-13 9784062118026
判型 四六
ページ数 240ページ

ゆっくりでいいじゃない、自分らしく生きよう。
『研修医 純情物語 先生と呼ばないで』著書の第2作。

勉強がキライな、ふつうの小学生の”ぼく”後藤シゲル。ふつうのようで、ふつうでないかもしれない、おじさん。大好きなおじさんが見ていた、おかしくて、ちょっぴりほろにがい”ぼく”の9年間。

「おじさんは、どんな中学生だったん?」
ぼくはおじさんにきいた。そんなことをきいたのは、はじめてのことだった。いつのまにかモトクロスの練習は終わっていて、きこえるのは、絶え間ない川の流れの音だけだった。
「そうねぇ、タツオ君ほどじゃないけど、デブだったし、運動神経もニブかったな。でもキホン的には、いまとあんまり変わらないと思うよ。気が小さくて、ちょっとドジで……。どこにいるのかわかんないような、サエない中学生だったね」
「なんか、ほかの子たちとちがうとこは、あったん?」
「そうね……しいていえば、毎日いじめられてたことくらいかな」
「――なんだそれ? そんな答え、ぜんぜん期待してなかったよ。」
(「第7章 おじさんが中学生だったころ」より)

書店在庫を見る

オンライン書店