『世界がよくわかる国旗図鑑』

編:講談社

0 件
発売日 2003/06/12
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN-13 9784062118538
判型 B5
ページ数 80ページ

これ1冊で、あなたも“国旗博士”になれる!

総合学習・国際理解の教材に最適!
世界のすべての独立国と地域・205旗を紹介。
楽しく学べて役に立つ、エピソードがいっぱい。

<本書の特徴>
●国旗のデザイン・色・紋様の比較から、世界のすがたが見えてくる。
●調べたい国旗がすぐにさがせる、50音順にならべた「旗一覧」。
●面積・人口・首都・宗教・言語など、基本データも一目でわかる。
●その国の位置がすぐにさがせる、見やすく便利な世界地図付き。

丸と赤と太陽の関係
――日の丸に似た国旗を集めてみてわかった、いくつかの思いがけないこと。

三日月はイスラムのシンボル
――あつい国では、あつい太陽より、すずしげな月のほうが、人の心をいやしてくれる。

十字架はキリストのシンボル
――十字架は、罪には愛でこたえ、犠牲は復活につながることを教えているけれど。

星は夜の道しるべ
――星は時間と空間をつかさどる夜の道しるべ。今ある位置と、進むべき方向を指し示す。

国旗のなかの動物たち
――ワシ、タカ、カンムリヅル、グンカンドリ、ゴクラクチョウ、竜、ライオンなど。

国旗のなかの植物たち
――オリーブ、月桂樹、カエデ、レバノン杉、ナツメグ、椰子、稲、小麦など。

国旗の色のいろいろな意味
――色によってあらわされている意味が、国のちがいをこえて似ているのはなぜだろう。

わけあって似たものどうし
――似せてつくった国旗もあれば、はからずも似てしまったという国旗もある。

タテとヨコの関係
――正規の国旗はタテとヨコの比率がてんでんばらばら。2対3とはかぎらない。

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ