『京の夢、明日の思い出』

著:九里 一平

0 件
発売日 2004/11/14
価格 定価:本体1800円(税別)
ISBN-13 9784062126502
判型 A12取
ページ数 50ページ

『科学忍者隊ガッチャマン』『みなしごハッチ』『ハクション大魔王』などでおなじみの竜の子プロダクション社長 九里一平が描く「昭和の子どもの懐かしい風景。」

九里さんはプロデューサー、キャラクターデザイナーとして、40数年間、竜の子プロのほとんどの作品に関わっている。新しい作品が誕生するには、新しいキャラクターが必要で、それをエネルギッシュな絵で支えてきたのだ。その九里さんが新しい絵に挑戦しているという噂を聞き、見せられたのは、何と水彩で描かれた肉筆の風景画だった。繊細で柔らかなタッチで、独特の光と影を巧みに使い分けられた絵に、私はすっかり夢心地になった。社長という重責を背負った過酷な日常の中で、澄んだ心でこのように少年期の思い出を描けるとは。その秘めたる才能にほとほと感心する。九里さんは今、少年に戻って、京都の街で遊んでいるのだろう。――<『タイムボカンシリーズ』総監督 笹川ひろし>

書店在庫を見る

オンライン書店