『もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー』

作:岩貞 るみこ

0 件
発売日 2017/03/10
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN-13 9784062856089
判型 新書
ページ数 196ページ

日本ではじめての”病院ではたらく犬”ベイリー。ハンドラーの森田優子さんといっしょに、病院にいる子どもたちを笑顔にするのが仕事です。薬がのめるようになった、ベッドから起き上がるようになった、手術がこわくなくなった……ベイリーがいるだけで、病院は楽しい場所へと変わります。もしも病院に犬がいたら――そんな願いをかなえてくれるファシリティドッグのベイリーのお話です。


「ぼくね、この病気になってしあわせだよ。」
入院中の子どもたちを笑顔に変える!

日本ではじめての”病院ではたらく犬”ベイリー。ハンドラーの森田優子さんといっしょに、病院にいる子どもたちを笑顔にするのが仕事です。
薬がのめるようになった、ベッドから起き上がるようになった、手術がこわくなくなった……ベイリーがいるだけで、病院は楽しい場所へと変わります。
もしも病院に犬がいたら――そんな願いをかなえてくれるファシリティドッグのベイリーのお話です。

<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

プロローグ 1 看護師へのあこがれ 2 犬のいる病院? 3 ベイリーのこと 4 ベイリーとの出会い 5 ハワイでの研修 6 タッカーとウェンディさん 7 ベイリーのきもち 8 帰国 9 四日間の“おためし” 10 週に三日 11 ハンドラーの仕事は、二十四時間三百六十五日 12 ゆづきくん 13 高校生の真子ちゃん 14 ゆづきくんの退院 15 ハンドラーとして 16 ベイリーのかつやく 17 真子ちゃんの手術 18 ゆづきくん、お星さまになる 19 ベイリーは、がんこちゃん 20 神奈川県立こども医療センターへ 21 こどもたちの未来 あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ