『アガサ=クリスティ短篇傑作集(3)マースドン荘の悲劇』

作:アガサ・クリスティ 訳:花上 かつみ 絵:高松 啓二

0 件
発売日 2002/07/15
価格 定価:本体580円(税別)
ISBN-13 9784061485945
判型 新書
ページ数 216ページ

ポワロがじまんする灰色の脳細胞ますます快調!

内出血が原因と検死されたマースドン荘のあるじ。生命保険会社の友人に調査を依頼されたポワロは、殺人のにおいをかぎつけた!

マースドン荘のあるじモールトレイバーズ氏が、農園のはずれで、死んでいた、横にはカラス撃ち用の小さなライフル銃が……。しかし、遺体には口のまわりに、すこし血がついているだけで、銃で撃たれたあとはない。検死した医師も、胃潰瘍による内出血だという。ポワロとヘイスティングズ大尉は、とつぜん夫に死なれた、若く美しい夫人に、ふかい同情をしめした。

ほかに「イタリア貴族殺害事件」「潜水艦の設計図」「謎めいた遺言書」「安すぎるマンションの謎」「〈西方の星〉盗難事件」「スズメバチの巣」の6話を収録。

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ