『桜小なんでも修理クラブ! -花びんに残されたメッセージ-』

著:深月 ともみ 絵:千秋 ユウ

0 件
発売日 2012/06/16
価格 定価:本体600円(税別)
ISBN-13 9784062852890
判型 新書
ページ数 224ページ

桜の山学園小学校では、現在、5年生の間で新聞をまるめたボールとバットを使って遊ぶ「新聞野球」が大流行中。朝の教室で男子たちが野球に興じていると、花びんにボールがあたって割れてしまった。その花びんは、クラスの担任、ぴよちゃんが持ってきたもので、大のお気に入りだった。あわてふためく男子から修理を依頼された結子たちは、修理中に花びんの中に隠されていた黄ばんだ紙を発見する。


桜の山学園小学校では、現在、5年生の間で新聞をまるめたボールとバットを使って遊ぶ「新聞野球」が大流行中。
朝の教室で男子たちが野球に興じていると、花びんにボールがあたって割れてしまった。その花びんは、クラスの担任、ぴよちゃんが持ってきたもので、大のお気に入りだった。
「ぴよちゃんにバレる前に直して!」とあわてふためく男子から修理を依頼された結子たちは、修理中に花びんの中に隠されていた黄ばんだ紙を発見する。

未来の桜小の生徒へ
 さあ これが、ぼくらが残す最後の問題だ。
 ぼくらの宝は、真ん中に埋めた。
 三つの花びんと、校歌がヒント。
 見ているだけじゃ、わからないよ。
 チャンスはたったの一回きり。
 一から最後は六十六。
 開いてかぞえて見つけてごらん。
  桜小 パズルクラブ

それは、かつて桜小にあったというパズルクラブが残した、「宝の場所」にかんする問題だった--。

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ