『化け猫 落語 1 おかしな寄席においでませ!』

作:みうら かれん 絵:中村 ひなた

0 件
発売日 2017/08/10
価格 定価:682円(本体620円)
ISBN-13 9784062856454
判型 新書
ページ数 224ページ

ぼく、穂村幸歩は、どこにでもいる小学5年生。ある日、クラスの有志と行ったきもだめしで、転校生の「笑わない美少女」、神保さんといっしょに不思議な声を耳にする。彼女に手を引かれて、おそるおそる声のほうに進んでいくと、そこにいたのは江戸っ子口調でしゃべる化け猫!幸歩と化け猫師匠がくりひろげる、おかしくて人(猫?)情味あふれるお噺がはじまります。


ぼく、穂村幸歩は、どこにでもいる小学5年生。
ある日、クラスの有志と行ったきもだめしで、転校生の「笑わない美少女」、神保さんといっしょに不思議な声を耳にする。
彼女に手を引かれて、おそるおそる声のほうに進んでいくと、そこにいたのは江戸っ子口調でしゃべる猫--しかも、数百年の時を生きる化け猫の落語家だった!
幸歩と化け猫師匠がくりひろげる、おかしくて人(猫?)情味あふれるお噺のはじまり、はじまり。

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

序章、あるいはマクラ 1 見えないそばと彼女の秘密 2 合縁奇縁で猫の弟子 3 ペットの師匠とひとつ屋根の下 4 おいでませ、宵ヶ淵化け物寄席! 5 『時そば』虎の巻、……猫の巻? 6 三歩進んで、いざ初高座 7 ハッピーエンド・アンド・スタート 8 猫で化け物、師匠で家族 席亭カッパの落語授業 一限目 あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ