牙狼エンブレム JAP工房製の超リアルなスマホアクセサリーに!

祝「牙狼」誕生15周年! 牙狼&絶狼のアクセサリーが本物さながらの重厚感!

テレビマガジン編集部

本物さながらの重厚感が漂う、エンブレム型スマホアクセサリー メーカー希望小売価格 各3,300円(税込)   ©️2020 牙狼<GARO> 雨宮慶太/東北新社

闇の魔獣“ホラー”を狩る、宿命を背負った騎士の紋章

冴島鋼牙(さえじま こうが)は、魔戒騎士の最高位「牙狼」の称号を受け継ぐ一族の直系。日々「牙狼」に変身して闇に潜む魔物「ホラー」と戦う日々の中で、画家を夢見る御月カオルに出会い……!? 

日中放送される特撮ヒーロードラマとは一線を画するおどろおどろしいシーンや、金色に輝く「牙狼」の姿が注目を集めた深夜の特撮ドラマ『牙狼〈GARO〉』が、2022年に誕生15周年を迎える。

これを記念して、物語を象徴するエンブレムがスマホアクセサリーとして販売されるというニュースが飛び込んできた!

ストーリーに頻繁に登場する、呪文のようなデザインが印象的だ  ©️2020 牙狼<GARO> 雨宮慶太/東北新社

スマホアクセサリーは2種類あり、1つは、「­牙狼」のエンブレムをモチーフとしたもの。そしてもう1つは、「絶狼」のエンブレムをモチーフとしたものだ。

「絶狼」は『牙狼〈GARO〉』シリーズ劇場版第4作目『絶狼〈ZERO〉 -BLACK BLOOD-』の主人公 涼邑 零(すずむら れい)が銀牙騎士に変身した姿だ。「­牙狼」の最高のライバルでありパートナーでもある。だから、2人の関係を思って、ぜひ2つともゲットしたい!

三角のモチーフが特徴的な「­牙狼」のエンブレム  ©️2020 牙狼<GARO> 雨宮慶太/東北新社

裏面が粘着テープになっている貼り付け式なので、スマホやスマホケースはもちろん、フラットな面であればどこにでも貼れて使い方は自由! 直径は約27ミリと存在感抜群だ。

羅針盤のようなモチーフが大人カッコいい「­絶狼」のエンブレム  ©️2020 牙狼<GARO> 雨宮慶太/東北新社

プロが手がけるホンモノならではの重厚感……!

どちらもスマホアクセサリーとは思えぬ重厚感をまとっているが、それもそのはず、制作担当はあのJAP工房……! JAP工房は、映画『牙狼 〜RED REQUIEM〜』の冴島鋼牙の衣装をはじめ、「聖飢魔II」など幅広いアーティストの衣装や小物を手がけるプロ集団だ。だからこそのクオリティーと言えよう。

お手元のスマホに貼れば存在感を発揮すること間違いなし! 発売は2022年4月を予定しており、現在プレミアムバンダイサイトにて絶賛予約受付中! 気になる方はぜひ早めにチェックしてみよう!
【商品データ】
■商品名 JAP工房 牙狼<GARO>15周年記念 エンブレムスマホアクセサリー  牙狼 GARO/絶狼 ZERO
■メーカー希望小売価格 各3,300円(税込)
■サイズ(共通) 直径約27mm
■発売時期 2022年4月発送予定

絶賛予約受付中!
※情報の詳細は、プレミアムバンダイ公式ホームページをチェック!

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...