『ラ・メール星物語 フラムに眠る石』

作:倉橋 燿子 絵:久織 ちまき

0 件
発売日 2012/07/13
価格 定価:682円(本体620円)
ISBN-13 9784062852975
判型 新書
ページ数 232ページ

恵みをもたらすとされているミラクル・ツリー<奇跡の樹>を植え、新たにラテラ国となったグローブの地の再生を願う人々。ところが、太陽はさえぎられたまま、好転のきざしさえない。帰国したシルクは、祖国の現実にがくぜんとする。一方、父が死ぬ間際に言い残した「青き国をたずねよ。」という言葉に、ミラクル・ツリー再生のヒントが隠されていると思うと、いてもたってもいられない。――「青き国」は、実在するのか?


 恵みをもたらすとされているミラクル・ツリー<奇跡の樹>の新しい芽を植え、新たにラテラ国となったグローブの地の再生を願う人々。ところが、太陽はさえぎられたまま、不作続きで、好転のきざしさえない。
 帰国したシルクは、祖国の現実を見て、がくぜんとする。一方、父が死ぬ間際に言い残した「青き国をたずねよ。」という言葉に、ミラクル・ツリー再生のヒントが隠されていると思うと、いてもたってもいられない。――「青き国」は、実在するのか? いったい、どこに? そんなとき、父の遺品を整理していたシルクたちは、青い石がうめこまれた不思議な短剣を見つける。はたして、この短剣は「青き国」への道しるべとなるのか?  だれが敵で、だれが味方かわからないなか、ふたつの盗賊団も王家もねらっているという伝説の青い石を、シルクたちは手にすることができるのか? シルクの恋と冒険をえがきます!

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ