『トイ・ストーリー』から『バズ・ライトイヤー』へ! ピクサー最新作がディズニープラスで配信中!

無限の彼方へ──! ピクサーの最新作『バズ・ライトイヤー』

ディズニーファン編集部

©️Disney/Pixar

これが誰か、ご存じですか? そう、バズ・ライトイヤー。でも、ご覧のとおり『トイ・ストーリー』のバズとはちょっと(ずいぶん?)違いますよね。

1995年の『トイ・ストーリー』でデビューしたバズ・ライトイヤーは、最新式の機能を備えたスペース・レンジャーのアクションフィギュア。バースデープレゼントにバズをもらったアンディ少年が大よろこびしたシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。

実は、そのバズは、アンディが夢中になった、とある映画のヒーローをモデルにしたおもちゃだったのです……。

そんなストーリーが実際の映画になったのが、2022年7月(アメリカでは6月)に公開された『バズ・ライトイヤー』。『トイ・ストーリー』を見たときから、「バズは、いったい、どんな映画から生まれたおもちゃなんだろう?」と考えていたアンガス・マクレーン監督が、その映画を自分たちで作っちゃおうと思ったのが、『バズ・ライトイヤー』誕生のきっかけでした。

だから、こちらのバズは、おもちゃでなく人間。本物のスペース・レンジャーなのです。

『バズ・ライトイヤー』の映画ポスター。バズ・ライトイヤーは責任感が強く、心身ともにタフなスペース・レンジャー。でも、最初からヒーローだったわけではありません。自分の力を過信し、なんでも一人で解決しようとしていたバズは、仲間と一緒にピンチを乗り越えながら成長し、仲間を信じて協力することを学んでいきます。©️Disney/Pixar
人生で最も影響を受けた映画として『トイ・ストーリー』とともに『スター・ウォーズ』をあげるアンガス・マクレーン監督。「僕にとって映画はすごく大事。ピクサーでこんな仕事をやらせてもらっているのは夢みたいなことです」と語っています。©️Disney/Pixar

決めゼリフに隠されたドラマ

この作品がユニークなのは、『トイ・ストーリー』をもとにしながら、いわゆる続編ではなく、「一人のスペース・レンジャーの成長物語」として、バズという人気キャラクターの魅力と背景を掘り下げているところ。

あの有名な決めゼリフにこめられたバズの思い、レーザー光線や飛び出すウイングを装備した、お馴染みのスペース・レンジャー・スーツ、そして宿敵ザーグとの関係など、『トイ・ストーリー』ファンなら覚えがある、アレコレの“ルーツ”が解き明かされていきます。

たとえば、「無限の彼方へ、さあ行くぞ!」というバズの決め台詞は、バズとスペース・レンジャー仲間で親友のアリーシャとの友情の証でした。

任務の前、どちらかが「無限の彼方へ」と指を差し出し、もう一方が「さあ行くぞ」と互いの指先をタッチするのが2人の“お約束”。けれどバズは、アリーシャと悲しい別れをすることに……。

おもちゃのバズのサウンド・システムには何種類かのセリフが組み込まれていますが、これは特別なセリフなのです。

任務に出発するバズに指を差し出すアリーシャ。©️Disney/Pixar
バズの前に突然現れた謎の強敵ザーグ。その正体は!?©️Disney/Pixar

バズの声は、あの人!

おもちゃから本物のスペース・レンジャーへ。その違いを明確にするため、声優も、『トイ・ストーリー』シリーズのティム・アレンさんから、大ヒット映画『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ役で人気のクリス・エヴァンスさんへと一新されました。

お子さんと一緒に見るなら、やはり吹き替え版でしょうか。こちらも、所ジョージさんから鈴木亮平さんへ。

鈴木亮平さんは「失敗したときにどう受け止めて、どのように前に進めばいいのかをバズから学びました。最高のエンターテイメントとなっています。存分に楽しんでください」と語っています。

ソックスに注目!

最後に、グッズなどでも人気の注目キャラクターをご紹介しましょう。

ソックスは、バズに贈られた猫型の友だちロボット。言葉をしゃべるのはもちろん、レーザーやスキャナー、センサーなど最新装備を備えた、すごく役に立つ“友だち”なのです。

大きな瞳のキュートな外見とは裏腹の、ちょっとオジサンっぽい声と抑揚の少ないしゃべり方、ハイテクなのにレトロなロボットのようなぎこちない動きが萌えます。

声の主は、ピクサーのスタッフで、2015年の長編アニメーション『アーロと少年』のピーター・ソーン監督。吹き替え版の、かまいたち・山内健司さんも、いい味出してます!

バズとソックスの出会いのシーン。友だちロボットなど必要ないと、ソックスの申し出を断ったバズですが、ソックスに数々のピンチを救われて、かけがえのない相棒に。©️Disney/Pixar

『バズ・ライトイヤー』は、子どもから大人まで楽しめるSFファンタジーアドベンチャーです。ぜひご家族でお楽しみください!

©️Disney/Pixar

そして、『バズ・ライトイヤー』はもちろん、ピクサーのアニメーション作品をもっと楽しみたい方におススメなのが、こちら「ピクサー アニメーション大全集」(講談社)です♪

▼好評発売中!

『トイ・ストーリー』から貴重な短編まで
ピクサー アニメーション大全集

1995年の『トイ・ストーリー』から『バズ・ライトイヤー』までの長編作品に加え、「ディズニープラス」などで配信された短編作品も充実させ、2022年7月までのピクサー作品を全部紹介しています。

また、「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」をはじめ、東京ディズニーリゾート、海外のディズニーパークのピクサーのページもチェックしていただきたいポイントです。

ピクサー作品におなじみのトリビアページもあるので、親子で映画を見ながら探すのも楽しいですよ! ご家族で楽しめる一冊です。

ピクサー アニメーション大全集 試し読み

でぃずにーふぁんへんしゅうぶ

ディズニーファン編集部

ディズニーのオフィシャルマガジンとして、東京ディズニーリゾートの最新情報をはじめ、 ディズニーアニメ、新作映画、音楽、ゲーム、キャラク...