6月4日ムシの日に発売! 解剖学者・養老孟司先生の世界一わかりやすい絵本が誕生!

「講談社の動く図鑑MOVEの科学えほん」シリーズ第1作目として登場です。

MOVEから新たな絵本レーベル【科学えほん】が誕生!

「MOVEの科学えほんシリーズ」は、幼児から小学生、大人も楽しめる絵本です。
科学的な考え方や生きものを通じて見えることを、物語を通じて伝えていきます。
著者には図鑑の監修者、執筆者、研究者をむかえ、今までにない「おもしろくてためになる」絵本を刊行してきます。

第1作目は、解剖学者・養老孟司(ようろうたけし)先生のはじめての絵本

養老先生と考える「じぶん」のこと

子どもたちが、養老先生と一緒に、山に虫捕りに出かるところから始まるストーリー。たくさんの生き物に囲まれて、みんなわくわくしています。

「みんなも、たまごだったんだよ。とりや さかなや むしと おなじだね」

子どもたちは、自然と触れ合い、養老先生とやりとりするなかで、この世界に生きる意味を学び、「じぶん」がどんな存在であるかを知るのです。子どもから大人まで、すべての世代の方におすすめの一冊です。

読んで、感じて、考える。世界一わかりやすい養老学入門!

作中に出てくるたくさんの生きものたち

作中には、たくさんの生き物が描かれています。「この ほんに でてくる いきものたち」のページを手がかりに、生きものたちを親子で探して遊ぶこともできます。実際に虫捕りに行った気分も楽しめるかも!

著者:ようろう たけし・さく よこやま かんた・え
・発売日:2022年6月4日(木)
・定価:1,760円(税込)
・頁数:36ページ

ようろう たけし

Takeshi Yoro
解剖学者

1937年、神奈川県鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入り、東京大学教授となる。退官後、東京大学名誉教授、北里大学教授、...