12月1日 EXゴモラが暴走! М1号が人類の未来を予言する

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 12月1日(2015年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「12月1日」(2015年)。
 他の「ウルトラ怪獣日和」を見る 

宇宙から地球を監視するМ1号
©️円谷プロ PHOTO/講談社

ニュージェネレーション ウルトラマンシリーズ第3作の『ウルトラマンX』は、『ウルトラマンギンガ』、『ウルトラマンギンガS』に引き続き『新ウルトラマン列伝』内で2015年7月14日より放送が開始された。特殊防衛チームXio(ジオ)のメンバーである大空大地は、ウルトラマンエックスとユナイト(一体化)し、怪獣や宇宙人に立ち向かう。

『ウルトラQ』第10話「地底超特急西へ」で初登場したM1号は、人間が作り出した人工生命体。元は知能を持つゼリー状の物体だったが、カメラのフラッシュを浴びて成長し、大型の猿のような外見になった。好奇心から超特急列車・いなずま号を暴走させてしまったM1号は、宇宙に放り出されて地球の衛星軌道上を漂うことになってしまう。

『ウルトラマンX』第19話は、そんなM1号が初めてウルトラマンと共演をはたした。

ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

ゴモラ実体化のテストを行うXio

2015年12月1日には『ウルトラマンX』第19話「共に生きる」が放送された。スパークドールズとして人形の姿で大地とずっと一緒にいたゴモラ。そのデータを収集してサイバーゴモラも作られ、Xioやエックスとも共闘した大切な仲間だ。そんなゴモラをスパークドールズから実体化するテストが始まった。

Xioは怪獣を暴走させるダークサンダーエナジーの発生に備え、バリアを展開。3分間の時間制限を設けテストを開始した。テストは成功し、ゴモラが実体化。ゴモラは大地の言うことを聞き、コミュニケーションをとることに成功する。しかし、制限時間が終了する瞬間、強力なダークサンダーエナジーが降り注ぎ、バリアを貫通してゴモラを襲う。ゴモラはEXゴモラとなり、暴走してしまった。

М1号のもとへ転送されるエックス

大地はエックスに変身し、ザナディウム光線でEXゴモラをスパークドールズに戻そうとする。すると、突然「それがお前の考える共存か?」という声がし、エックスの姿が消えた。エックスは実験室のような場所に転送され、謎のフラスコに閉じ込められてしまう。そこに、М1号が現れ、自分はかつて科学によって作られ、捨てられた人工生命だとエックスに話す。

EXゴモラの暴走を止められないXioは、仕方なくEXゴモラの撃破を決定した。それを見ていたМ1号は、人間は他者と共存できず、滅びゆくものだと言った。しかし、Xioの隊員である山瀬アスナが、EXゴモラの前に立ち塞がり、暴走をやめるよう叫ぶ。大地もEXゴモラに語りかけるが、暴走は止まらず、アスナは危うく踏み潰されそうになってしまう。ボロボロになっても説得を止めないアスナ。しかし、EXゴモラのツノが光り、EX超振動波を放とうとする。

すると、М1号が指を鳴らし、突如ウルトラマンエックスが帰還。Xバリアウォールで攻撃を防ぐ。エックスはエクシードXになり、エクシードエクスラッシュでEXゴモラをゴモラに戻すことに成功。さらにエクシードXからエックスに戻り、ザナディウム光線でふたたびスパークドールズにしようとする。

だが、突然ゴモラの体が発光。ゴモラは光線を受けずに、自らスパークドールズの姿に戻ったのだった。

EXゴモラ

格闘能力もゴモラより強化されている
©️円谷プロ PHOTO/講談社

【ウルトラ怪獣事典】
EXゴモラ
身長/44メートル
体重/2万2000トン

映像作品での初出は『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第13話「惑星脱出」。怪獣使い・レイオニクス、レイのパートナーであるゴモラが強化変身した形態で、必殺技は超振動波が強化されたEX超振動波。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』で登場した個体はゴモラの強化形態であるが、『ウルトラマンX』に登場した個体は自我を失い、暴走した姿という違いがある。

登場エピソード:『ウルトラマンX』第19話「共に生きる」(2015年12月1日放送)
脚本:三浦有為子/監督:アベ ユーイチ

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。
ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
https://imagination.m-78.jp/

ウルトラな毎日を手帳と共に!?

こんなデータが凝縮されているのが『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』。
いわば「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳です。
・週間カレンダー:その日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文。
・月間カレンダー:テレビの放送開始日や映画の公開日。
・作品の詳細なデータをリスト化(巻末)。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザインが楽しめます。
丈夫なビニールカバー付きで、リアルな日常使いにも耐えるスペックです。
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)

12月1日はゴモラがEXゴモラとなって暴走、さらにエックスとM1号が出会った日

12月1日は、実体化したゴモラがダークサンダーエナジーでEXゴモラとなって暴走してしまったエピソードの日。アスナの必死の行動に心が動かされたのか、М1号はエックスを地球に戻した。そして、人間は他者と共存できなければいずれ破滅すると言葉を残し、それからも地球と人類を監視するのだった。

『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)
Ⓒ円谷プロ Ⓒウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳。
・週間カレンダーにはその日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文を掲載。
・月間カレンダーにもテレビの放送開始日や映画の公開日を掲載。
・巻末には週間カレンダーで紹介した作品の詳細なデータをリスト化。気になったエピソードのサブタイトルや主な登場怪獣・宇宙人も確認できる。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザイン。
・丈夫なビニールカバー付き。

©円谷プロ

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...