「東リベ」キャラがタイムリープ!? クリアファイルブック制作のリアルな裏側

「キャラ」と「世界観」を最高に生かしたい……デザイナー、編集者、印刷所 それぞれの苦悩とこだわりを担当編集が振り返る

げんき編集部

『TVアニメ 東京リベンジャーズ クリアファイルブックvol.1』 

きっかけは販売担当の一言「なんか作ってよ」

原作コミックは累計5000万部を突破し、TVアニメも聖夜決戦編の制作が決定している『東京リベンジャーズ』。そのクリアファイルブックが2022年4月26日(火)に発売となった。発売に至るまでの苦悩とこだわりのエピソードを、担当編集が正直に振り返る。

「……本誌も熱いし、アニメもいよいよ聖夜決戦編がはじまる……!」と、いちファンとして勝手に盛り上がっていた私、こども雑誌編集の火をつけたのは、販売担当の 「東リベでなんか作ってよ」の一言だった。

「な、なんかって、何だよ……?」

漫画の編集部ではない、けれど雑誌の付録作りを生業としているからこそ、喜んでもらえるものをつくれるならば。そう思い、若干雑なボールの投げ方をされたものの、その後は綿密なリサーチをしてくれた販売担当とのアイデア会議の末、何よりファンの自分たちが欲しいと思うものを作ろう、ということで「クリアファイルブック」企画が立ち上がった。

作るからには最高のデザイナーに頼みたい! 突撃した事務所の住所は……

週刊少年マガジン編集部、アニメの版権を扱う部署の快諾を得て、正式に企画が決定すると、次なる鍵は、どなたにデザインを頼むか。私にはぜひとも頼んでみたいデザイン事務所があった。

hive&co.,Ltd

原作コミックの、あの「東京」 ロゴをデザインしたデザイナーさんたち……! おそらく自分よりもずっと、作品のことをよくわかっていらっしゃるにちがいない、というか会って話してみたい! と、思い切ってコンタクトを取ったところ、無事にご快諾をいただけた。喜び勇んで、電車を乗り継ぎ、事務所まで向かった。しかし……

ピンポーン

何度押しても返事はなかった。空き部屋だったのだ。HPにあった「移転」の文字を、浮かれた私は完全に見落としていたのだった……。

タイムリープっぽくしたい! ムチャぶりへの神対応

最初の打ち合わせでいきなり大ミスをかますも、なんとか打ち合わせまでこぎつけることができた。クリアファイルでは、ぜひとも実現させたいことがあった。

「タイムリープっぽくしたい……!」

作品の軸となる「タイムリープ」。コミックのデザインでは、カバーを外すと和久井先生描きおろしの別イラストがあらわれるという、粋な演出がされている。こんな感じのことが、グッズでも表現できたらかっこいい! しかし、「どうやって……?」「……せ、線画を使うとか……」「うーん……」

完全なムチャぶり。しかし、デザイナーの久持さん、大底さんは懐深く、「やってみます」と言ってくれた。そして数週間後に提案してくれたデザインは、私の想像のはるか上をいくものだった。まさに神対応の瞬間だった。

マイキーの切ない表情のイラストが、白い紙を挟むと線画になって浮き上がる

紙を外すと名場面シーンが浮き上がるしかけも

マイキーデザインでは、"I'm gonna make a new age......of delinquents." (オレが不良の時代を創ってやる)という、本来力強い宣言のはずの名セリフを、あえてこのイラストと組み合わせていただいた。

ドラケンのデザインイメージは、彼の部屋の壁にたくさん飾られている写真の数々。紙を外すと写真風の場面シーンが数多く浮き出る。エマや東卍メンバーたちが、なるべくリラックスした表情で写っているシーンを選んだ。

強い信頼関係を持つコンビ、場地&千冬

各キャラクターのイメージに合わせた色使いを意識

場地&千冬デザインは、紙を外すと場面シーンが浮き出るしかけ。二人の思い出や絆の強さが、一つ一つの場面シーンから伝わるものを厳選。

タケミチ、マイキー、ドラケン、三ツ谷、千冬、場地、一虎の集合図は、紙を入れると線画と鮮やかな "Tokyo Revengers" の文字が浮かび上がる。各キャラクターの誕生日や身長などの情報もあしらった。三ツ谷の身長が170cm?となっているのがポイント。ぜひ実物で確認してほしい!

大判の両面ポスターは、とにかくかっこよく!

両面ポスターはマイキー&千冬のWショットと学ラン集合図

マイキー&千冬は背景のグラデーションが、それぞれのキャラクターの雰囲気をあらわすように。学ラン集合図はシンプルに。背景赤か白で最後まで迷いつつ、最終的にはアレンジをきかせやすく、原作のカバーデザイン同様、キャラクターがひきたつ白とした。

これ、本当にやりますか……? 印刷所を泣かせた線画とイラストの合わせ技

このデザインは絶対に実現させたい! 勢いよく、今回お願いした印刷所、大日本印刷の担当者さんに実現可能かを検証してもらった。しかしながらその反応は、「これ、本当にやりますか…?」と、なかなかに渋いものだった。

とりわけクリアファイル。アニメイラストの細~い線画と色のついたイラスト、ずれずにぴったり、印刷・裁断・圧着するのは、とても難易度の高いことだという。それも手作りで少部数とかではない、日本全国に行きわたるよう、たくさん作らねばならないのだ。

理論的に説明されながら、やはりだめかもしれない……と肩を落としかけたが、しかしそこであきらめなかったのは、ほかでもない印刷担当者さんだった。

「やれるだけやってみましょう」

印刷機の調整、検査、生産現場での立ち合い、作業員の方々への注意事項の共有……。それでも100%大丈夫とはいえない(細心の注意を払っておりますが、線画については製造上若干のズレが生じることについてはご理解ください)と念をおされながらも、出来上がった見本は美しく、監修も滞りなく通った。大日本印刷さん、ありがとう!

そして『TVアニメ 東京リベンジャーズ クリアファイルブック vol.1』発売!

そんなこんなで、多くの人たちの若干のこだわりとムチャ、そしてたっぷりの愛情がつまった『TVアニメ 東京リベンジャーズ クリアファイルブック vol.1』が無事発売となりました!

作品の楽しみ方、好きな部分やキャラクターはそれぞれ違っていい、だから物語は面白い。そのうえで、もしも少しでも、かっこいい、使いたい、と響きあう部分があったならば、担当編集として、こんなにうれしいことはありません。どうぞお手にお取りください! いっしょに作品を楽しみましょう!

『TVアニメ 東京リベンジャーズクリアファイルブック vol.1』 2022年4月26日(火)発売 価格:1430円(税込)

【セット内容】
マジッククリアファイル 4枚
大判両面ポスター(A2サイズ) 1枚
©和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会
げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...