3月6日 超時空の大決戦! ウルトラマンティガ・ダイナ・ガイア!!!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 3月6日(1999年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「3月6日」(1999年)。

並び立つ光の巨人たち。ウルトラマンティガ(左)、ウルトラマンガイア(中央)、ウルトラマンダイナ(右)  ©円谷プロ

『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』は1999年3月6日より上映が開始された劇場用作品で、同年に放送中であった『ウルトラマンガイア』の映画化作品。ウルトラマンガイアに変身する高山我夢(がむ)が、『ウルトラマンガイア』をはじめとしたウルトラマンたちがテレビ番組として放送されているパラレルワールドに迷い込むストーリーとなっている。

さらに、クライマックスにはウルトラマンティガとウルトラマンダイナも登場。光の巨人たちが集い、世界を守る戦いがはじまる!
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

テレビのヒーローが現実の世界に!

1999年3月6日は、『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』の上映が開始された日。テレビ番組の『ウルトラマンガイア』が大好きな少年、新星 勉は、夜中に録画した『ガイア』を観ていた。すると、突然、不思議な空間に吸い込まれ、謎の赤い球と少女を目撃する。翌日、勉のクラスに転校生がやってくるが、転校生の七瀬リサは、赤い球を目撃したときの少女とそっくりだった。

その後、勉は秘密基地にしている廃工場で赤い球を発見。いっしょにいたリサ、友人の平間 優の前で赤い球に「我夢に会いたい」と願う。すると、空に海が広がり、そこからXIGファイターEXが出現した。我夢はバミューダ海域を飛行していたところ、突然景色が知らない街に変わったことに困惑する。

XIGファイターEXに街は騒然。集まってきた学校の友だちに、あれは自分が呼んだのだと自慢する勉。すると、いじめっ子の鹿島田 浩が、勉から赤い球を取り上げて、怪獣のサタンビゾーを呼び出してしまう。我夢はXIGファイターEXをオートパイロットで小学校の校庭に着陸させ、ウルトラマンガイアに変身。サタンビゾーを撃破した。

しかし変身を解いた我夢は、「ガイアに変身して」とせがむ子どもたちに、追いかけ回されてしまう。逃げ込んだ玩具屋で、ガイアがおもちゃになって売られていることを知ると、ここが自分のいる世界とは別の世界だと確信した。

我夢は勉と知り合って事情を聞くが、XIGファイターEXを国籍不明の戦闘機と判断した警官隊に取り囲まれてしまった。すると、我夢の体が突然光りだし、元の世界に戻る。さらに、この騒動で赤い球が再び浩の手に渡ってしまう。元の世界に戻った我夢は、別世界に行っていた記憶をなくしていたが、勉から預かっていた『ガリバー旅行記』の絵本を見て記憶を取り戻し、自身が開発した時空移動実験機・アドベンチャーで勉たちの世界に行く。

ガイア対キングオブモンス!

キングオブモンスに立ち向かうウルトラマンガイア  ©円谷プロ PHOTO/講談社

一方、浩はより強い怪獣を作るため、取り巻きの亘少年と耕平少年とともに、学校の図工室で怪獣の模型を作っていた。浩は自分の怪獣に、亘と耕平たちが作った怪獣の一部を合体させる。そこに、赤い球を取り返しに、勉と優がやってくる。しかし、浩たちの様子がおかしい。彼らは、人間の欲望を叶える赤い球により、負の感情を増幅されていた。

じつは怪獣好きなのに、それをからかわれたくなくて隠していた浩は、「世界をぶち壊す」ために怪獣の模型を赤い球の力で実体化。キングオブモンスを出現させた。街を破壊するキングオブモンス。そこに我夢がアドベンチャーに乗って現れ、ウルトラマンガイアに変身。戦いを開始した。
次のページへガイア&ティガ・ダイナ対3大怪獣との大決戦!
33 件