『ぼくが宇宙をとんだわけ』

著:日野 多香子 監:黒田 泰弘 協力:毛利 衛

0 件
発売日 1994/06/27
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784062070270
判型 A5
ページ数 215ページ

あつまれ、未来の宇宙飛行士
だれでも宇宙にいける。21世紀はそんな時代になると思う。──毛利衛

日本ではじめてスペースシャトルに乗った毛利衛さんは、どのようにして宇宙飛行士になったのか。少年時代から、宇宙に飛びたつまで、毛利さんのあゆんできた道をたどるとともに、「宇宙ステーション」や「月面基地」など、将来の宇宙のすがたをあわせて紹介。

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ