2021.08.07

ディズニーの名作もTDRも同時に楽しめる欲張りな絵本が今熱い!

著者:海外キャラクター編集チーム

あなたは東京ディズニーリゾートの楽しさを、100%味わっていますか?

©Disney

東京ディズニーランドのシンボル、シンデレラ城。手前には、ウォルト・ディズニーとミッキーマウスが手を取り合うパートナーズ像が。

©Disney  

言わずと知れた人気者! 誰もが大好きなミッキーマウス!

©Disney

2020年に新しくファンタジーランドに新しく誕生した、美女と野獣の城。
このお城の中にディズニー映画『美女と野獣』の世界を描いたアトラクションが!

©Disney

「ようこそ! 冒険とイマジネーションの海へ!」 東京ディズニーシーのエントランスには地球をイメージした、ディズニーシー・アクアスフィアが。

家族と、友だちと、恋人と……東京ディズニーリゾートには大事な人との思い出がいっぱい! そして新しい出会いと発見も。東京ディズニーシーはこの2021年9月にオープン20年を迎えます。そんな素敵な東京ディズニーリゾートを名作のストーリーとともに楽しんでみましょう。​

シンデレラ

©Disney

東京ディズニーランドにはシンデレラの魅力が散りばめられています。シンデレラ城の優美な姿には見とれてしまいます。

©Disney

シンデレラ』の物語が描かれたタイル画。ガラスの靴を履く場面など、とってもロマンティックなアートです。

東京ディズニーランドといえば、誰もがシンデレラ城を思い浮かべることでしょう。どの季節でも、どこから見てもその優美な姿には感動してしまいますね。お城の中では『シンデレラ』の世界を味わえるアトラクション「シンデレラのフェアリーテイルホール」が楽しめます。

ぜひ見てほしいのが、お城の通路に描かれた『シンデレラ』の物語を描いたモザイク画。アーティスティックな表現に浸れます。じんわり幸せな気分になっていくことでしょう。

絵本をじっくり読んでみましょう。動物たちと仲良くなり、助けてもらえるのは、優しさの証し。一方、意地悪な継母や義姉たちへの毅然とした態度や、王子が探し求めていたガラスの靴のアピールには、女性としてのしたたかささえ見え隠れします。シンデレラの強さには、「夢を信じ、決して諦めない」という不変のテーマを再確認できますよ。

©Disney

絵本でも物語がていねいに描かれています。東京ディズニーランドを楽しむためにも、きちんと読んでおきたいですね。​

くまのプーさん

©Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works, by A.A Milne and E.H Shepard.
                                  
「プーさんのハニーハント」アトラクションの入口はまるで大きな絵本のよう。ここでしか体験できない物語を楽しみましょう。

©Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works, by A.A Milne and E.H Shepard.

やっぱり、プーさんは、はちみつが大好き! この笑顔を見たら、イヤなことも心配ごとも忘れちゃいますね。

くまのプーさんのことは誰もが知っていますよね。ちょっとドジなところはあるけれど、みんなに愛される癒し系のキャラクター。はちみつが大好きで、ピグレットやイーヨー、ティガー、ラビットたち個性的な仲間と100エーカーの森で暮らしています。

ディズニーの最初のアニメーション映画作品は1966年発表の『プーさんとはちみつ』。それ以降いくつもの作品が発表されてきました。バラエティに富んだお話が多いけれども、一つ一つのエピソードやキャラクターは意外に覚えていないもの。

「プーさんのハニーハント」は東京ディズニーランドで絶大な人気を誇るアトラクションの一つです。どのアニメーション作品にもない、ここでしか体験できないとってもユニークなもの! プーさんのキャラクターとお話しを再認識するためにもぜひ体験しておきたいですね。毎回、新発見がありますよ。

絵本部分では、ポピュラーな人気作品『プーさんとはちみつ』『プーさんとおおあらし』の2作品を収録しました。プーさんはなぜ、はちみつにうもれちゃっているのか? とか、アトラクションにも出てくるズオウとヒイタチってなにもの? とか、「プーさんのハニーハント」を楽しむための予習にも、楽しんだ後の追体験にも最適です。

©Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works, by A.A Milne and E.H Shepard.

『プーさんとはちみつ』プーさんのおうちには、はちみつツボがいっぱい。その部屋で何やら考え込んでいますよ。

白雪姫

©Disney

東京ディズニーランドで表現された『白雪姫』の世界。アトラクションと願いの井戸は、ぜひ訪れたいですね。

©Disney

「願いの井戸」Wishing Well:幸せを願った白雪姫。あなたの願いは?

『白雪姫』は1937年ウォルト・ディズニーが初めて製作した長編アニメーション映画として有名です。この作品の大成功でディズニー映画は大躍進を遂げていくのです。今でも、アメリカのウォルト・ディズニー・スタジオには、作品を支えてくれた七人のこびとの柱がスタジオの屋根を支えています。

東京ディズニーランドで、ぜひ訪れたいのが、白雪姫の願いの井戸。仲良しの動物たち、こびとたちと、幸せな暮らしを願う白雪姫の気持ちが表現された素敵な空間です。

アトラクションの「白雪姫と七人のこびと」は、白雪姫の視点から物語を追っていく独特のもの。ある意味不思議な感覚のスリルに満ちています。ぜひ体験してみてください。暗い森の中を魔女に追いかけられている白雪姫の気持ちになれるかもしれませんよ。

アトラクションを体験し、また絵本で丁寧に物語を追って、『白雪姫』の世界を楽しんでくださいね。魔女の女王からすると、義理の娘とはいえ、美しく成長していく白雪姫は「女としてライバル!」。そんなドロドロした情念も感じ取れる物語を見事なファンタジーに仕立て上げている作品です。80年以上も前の絵本のアートも逆に新鮮に感じますよ。

©Disney

今日も平和に幸せに過ごせることを願う白雪姫。継母の女王の嫉妬心からこの物語は展開していきます。

アラジン

©Disney

ジーニーの魔法で出来た、アラビアンコースト。エキゾチックな街並みには異国情緒が。ぜひ訪れて!

©Disney

通りの片隅に見つけた泉にはジャスミンのタイル画が! 夜空に浮かぶ三日月にジャスミンが願っていることって……?

©Disney

作品世界そのものの街並み。向こうからアラジンやジャスミンがやって来そう!?

2019年に実写版映画で大ヒットしたディズニー映画『アラジン』。ナオミ・スコット演じるジャスミンの魅力、ウィル・スミスのジーニーの活躍など、まだ記憶に新しいところ。

ジーニーの魔法で作られた街が東京ディズニーシーのアラビアンコースト。エキゾチックな街並みが広がり、映画『アラジン』の世界に入り込んできたよう。今にも通りの向こうからジャスミンとアラジンが歩いてきそうです。アトラクションも『アラジン』の世界さながら、魔法のじゅうたんで空を飛ぶ「ジャスミンのフライングカーペット」など楽しさいっぱい。街並みを歩き、アトラクションを楽しみ、スパイシーな食事も美味しい、大きな魅力あるテーマポートです。

収録された絵本は、1992年に発表されたアニメーション映画『アラジン』の名場面をふんだんに使った読み応えのあるもの。ジーニーがかなえてくれる3つの願い事。その願い方を逆手に取ったアラジンの作戦は見事です。3つの願い、覚えていますか? 窮屈な宮廷の生活から、自由に憧れるジャスミンの想いも夢あふれるものです。アラン・メンケンの名曲「ホール・ニュー・ワールド」をBGMにゆったり楽しみたい名作です。

©Disney

『アラジン』の物語をおさらいしてみましょう。アグラバーの王女 ジャスミンが、好奇心から市場に出かけ、どろぼうのアラジンと出会うのが始まりです。

©Disney

『東京ディズニーリゾートに行きたくなる 17のおはなし』の表紙

東京ディズニーリゾートで大人気のアトラクションや様々な施設。その背景には、個性豊かなキャラクターが活躍し、ユニークな世界観が広がるステキな物語が存在しています。心温まるお話、ユーモアに満ちたお話、夢や冒険に立ち向かうワクワクするお話などなど。そうしたパークアトラクションの背景となった魅力的な名作ばかり17作を収録したのが本書です。

ディズニーアニメーション映画のオリジナルのビジュアルをふんだんに使った絵本と、パークの写真もたっぷり使ってアトラクションを同時に楽しめます。この1冊を手に取れば、東京ディズニーリゾートをより楽しめること確実な愛蔵版絵本です。

©Disney

2020年、東京ディズニーランドに新登場したアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」は、作品にインスパイアされた未来的な楽しさに加えて、ハッピーな気持ちにもなれる!

©Disney

『ピノキオ』のお話はいつ読んでも素晴らしい示唆に富み、感動的なもの。アトラクションの体験と重ね合わせてみましょう。


★この本に興味を持たれた方は以下の本もおススメです

東京ディズニーランドのアトラクションの魅力をそのまま写真絵本にしたのが「東京ディズニーランド絵本」シリーズ。人気アトラクションが絵本で楽しめ、その魅力がリアルに伝わり、また東京ディズニーランドに行きたくなってしまいます。

©Disney

『東京ディズニーランド絵本 プーさんのハニーハント』

プーさんの夢の世界へ入り込んで行くお話。ズオウとヒイタチの正体は!?

©Disney

『東京ディズニーランド絵本 プーさんのハニーハント』

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

©Disney

『東京ディズニーランド絵本 イッツ・ア・スモールワールド』

世界でいちばん幸せな船の旅。各所にディズニーキャラクターが!

©Disney

『東京ディズニーランド絵本 イッツ・ア・スモールワールド』

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

©Disney

『東京ディズニーランド絵本 ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション』

ジャングルでリアルに野生動物たちと出会う迫力満点! スリル満点!

©Disney

『東京ディズニーランド絵本 ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション』

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

©Disney

『東京ディズニーランド絵本 ホーンテッドマンション』

古い恐怖の洋館に棲む999人の亡霊たち。1000人目を待っている……本当に怖い。

©Disney

『東京ディズニーランド絵本 ホーンテッドマンション』

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

★好評発売中!★ 定価:各693円(税込み)

2021年9月4日 東京ディズニーシーはオープン20周年を迎えます。新しイベントを用意して皆さまをお待ちしております。
詳しい情報は
【公式サイト】東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト | 東京ディズニーリゾート

著者紹介

海外キャラクター編集チーム

「うみキャラ」ではなく「かいキャラ」です。講談社 海外キャラクター編集チーム。
ディズニーのゴールド絵本や書籍、東京ディズニーリゾートガイドブックを中心にジブリやスポンジボブなど「おもしろくてタメになる」書籍を刊行中!
Twitter : @KODANSHA_dish
Instagram : @kaigai.character_kodansha