『ジュラシック・ワールド』シリーズ遂に完結!  2022年夏は恐竜ざんまいで盛り上がろう!

大人も子どもも夢中になったあの恐竜映画の最新作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の見どころをご紹介します!

山本 奈緒子

(c) 2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.

世界中に恐竜ブームを巻き起こした映画『ジュラシック・パーク』の登場から約30年。

その後『ジュラシック・パーク』シリーズは、『ジュラシック・ワールド』シリーズとなって引き継がれ、公開のたびに私たちの期待を裏切ることなく恐竜熱を再燃させてきました。

そして2022年夏、その30年に渡る物語が遂に結末を迎えます!

TM & © 2020 UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.

舞台は前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』から4年後。

人々は、世界中に解き放たれてしまった恐竜との共存の道を探っていました。

そんな中、巨大化したイナゴが大量発生し、農作物が致命的なダメージを受けます。ところがある会社の種を使った農作物だけはなぜか被害を受けていない……。

その会社とは、恐竜たちの保護区を運営するバイオシン社でした。

© 2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

時を同じくして、山奥で人目を避けて暮らすメイジーという少女と、近くで暮らしていた恐竜・ブルーの子ども・ベータが誘拐されます。

実はメイジーとベータには、その誕生にある秘密があったのです。そして救出のために立ち上がるのが、シリーズのW主役であるオーウェンとクレア。

二人はメイジーたちがいるバイオシン社に潜入しようと、恐竜保護区の中へと足を踏み入れるのですが……。
……と、今回も『ジュラシック・ワールド』シリーズらしい、テンポのいいハラハラドキドキが満載。上映時間2時間半という大作ですが、息をのむ展開にあっという間に時間が過ぎていきます。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』新予告映像<2022年7月29日(金)全国公開>

とにかく終始ハラハラして、ド迫力で、でもちょっとおチャラけた楽しさもある『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』。観終わった後は、間違いなく恐竜ファンになっていることでしょう!

© 2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のラストで、少女・メイジーによって恐竜たちが世界に解き放たれてから4年。オーウェンとクレアは、親代わりとなってメイジーを育てながら、恐竜の保護に尽力していた。

しかしある日、メイジーと、恐竜・ブルーの子ども・ベータが何者かに連れ去られてしまう。一方、アメリカ中西部の農場では大量の巨大イナゴが発生していた。

その背景に、恐竜保護区を運営するバイオシン社がいると睨んだ学者のエリーとアランは、証拠を手に入れようとバイオシン社を訪れるが……。

『ジュラシック・パーク』シリーズ、そして『ジュラシック・ワールド』シリーズ両者の歴史にピリオドが打たれる完結編。2022年7月29日より全国公開。
『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』7月29日(金)全国超拡大ロードショー! 配給:東宝東和
【出演】クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、BD・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ
【監督】コリン・トレボロウ
【脚本】エミリー・カーマイケル、コリン・トレボロウ
【キャラクター原案】マイケル・クライトン
【ストーリー原案】デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
【製作】フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
【製作総指揮】スティーヴン・スピルバーグ、アレクサンドラ・ダービシャー、コリン・トレボロウ
次のページへジュラシック・ワールドをさらに楽しむためには‥‥‥!
54 件