まさかのTV放送! ガンプラくんがプラモ制作を実写×アニメで熱血指導!

環境にも配慮したガンプラの『今』をショートアニメで楽しく紹介!

「ガンプラくん」と「ザクプラくん」が、ガンプラの魅力を熱く伝えます! 画像は『ガンプラくん、ガンダムベース攻略戦』より。  ©創通・サンライズ

ガンプラくんと一緒に、ガンプラを作ろう!

ある日、少年・ソラの部屋に謎の光と共に現れたガンプラくんとザクプラくん。彼らの使命は、ガンプラの楽しさを伝えることなのだが……。

2021年8月から、YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」にて配信中の「ガンプラくん」。

それはガンプラの楽しさと素晴らしさをうったえる「ガンプラくん」と「ザクプラくん」が、そのありあまる情熱と身勝手さで面白おかしくナビゲートしながら、ソラと一緒にガンプラを作り始めるというショートアニメです。

1本10分程度で手軽に見られ、思わず「作ってみようかな」という気持ちにひきこんでくれます。

主役プラモデルとしての誇りと情熱にあふれ、暑苦しくしゃべりまくるガンプラくんと、ガンプラくんを冷静にサポートするしっかり者のザクプラくんが活躍するガンプラくんは、『ガンプラくん』公式サイトやYouTube『ガンダムチャンネル』で視聴できます。

未確認規格のランナーのガンプラくん(右)とザクプラくん(左)は、ランナーと呼ばれる組み立て前の「枠」をつけた姿で登場! 画像は『ガンプラくん、ガンダムベース攻略戦』より。  ©創通・サンライズ

ガンプラくんたちが、ガンプラの面白さを教えてくれるんだ。画像は『ガンプラくん、ガンダムベース攻略戦』より。  ©創通・サンライズ

ガンプラは考える力を育て、環境にも優しかった!

ガンプラくんがソラに勧めるのは、数あるガンプラの中でもプラモデル初心者に優しい『エントリーグレード』というシリーズ。

ガンプラは『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツ等を立体化したプラモデルのこと。

1980年に誕生したガンプラは、最初の頃は接着剤が必要で、色も自分で塗らなければいけませんでした。

しかし、これまでに何度も進化を繰り返して、最近のガンプラは接着剤不要。ニッパー等の工具も使わずに作れるようになりました。

パーツも色分けされていて、組み上げれば綺麗にカラーリングされたガンプラを完成させることができるのです。

『エントリーグレード』は、パズル感覚で楽しく簡単につくれるプラモデル。完成すると、こんなにかっこいい!  ©創通・サンライズ

さらに『設計図を見ながら』『順番に組み上げていく』ガンプラは、子どもたちに必要な『ルール』や手順が大切なことを学ぶアイテムとしても最適です。

そしてガンプラ=プラスチックということで、環境への配慮が気になるところですが、ガンプラは抜かりがありません。

組み立て後に残る『ランナー』ですが、それを対象店舗で回収して『あらたなガンプラ』や『あらたなエネルギー』に変える『ガンプラリサイクルプロジェクト』がはじまっているのです。

詳しくは、『ガンプラくん ガンプラリサイクルプロジェクト紹介編』動画をご覧ください。

ガンプラくんやザクプラくんにもついているランナーは、リサイクルで環境にやさしく!  ©創通・サンライズ

TVに登場! 『ガンプラくん、ガンダムベース攻略戦』

そんなガンプラくんが、なんとついにTVに登場!

物語の舞台は、ガンプラファンを増やすためにガンプラくんとザクプラくんの二人がやってきた、ガンプラの聖地である「ガンダムベース東京」。

ガンプラくんとザクプラくんは、息子ともっとコミュニケーションをとりたいと悩むサラリーマンのふみおに出会います。

「ガンプラが息子との絆になるはずだ」と、ガンプラくんたちがふみおにガンプラのレクチャーを開始する!というストーリー。

ふみお役は、片桐 仁(かたぎり じん)。画像は『ガンプラくん、ガンダムベース攻略戦』より。  ©創通・サンライズ

ふみおが選んだガンプラはエントリーグレードのν(ニュー)ガンダムということで、ガンプラくんの後輩νガンプラくんに協力してもらうことにするのですが、これまた厄介なキャラクターで……。

はたしてふみおは息子との絆を取り戻せるのでしょうか!?

先輩であるガンプラくんを敬っているのか馬鹿にしているのかがわからない、ゆる~い性格のνガンプラくん(左)。画像は『ガンプラくん、ガンダムベース攻略戦』より。  ©創通・サンライズ

TV特番『ガンプラくん、ガンダムベース攻略戦』は
・テレビ東京系6局ネット:2022年3月21日(月・祝)10時5分~35分
・TOKYO MX:2022年3月29 日(火)22時29分~23時
・BS11:2022年3月26日(土)19時~19時30分
の日程にて放送予定!

ガンプラくんと一緒に、親子でガンプラを作ってみませんか?