80年代にテレビマガジン連載! ダイアクロン 多目的型移動基地 堂々完成!

“移動メンテナンス基地型”超重機マシン<ポッドガントリー>の全貌に迫る!

テレビマガジン編集部

ダイアクロン DA-91 超重機<ポッドガントリー> メーカー希望小売価格 20,900円(税込)  © TOMY 

『テレビマガジン』でも人気を集めたSF玩具シリーズ!

1980年、タカラトミーのオリジナルSF玩具シリーズとして誕生した「ダイアクロン」。わが『テレビマガジン』でも同年3月号からまんが連載(作・成井紀郎)をし、SF的世界観と、“正義vs悪”のシンプルなストーリーを軸として 、ロボット・基地・ビークルなどのアイテムが展開され、人気を集めた。

ダイアクロンのまんが連載 『テレビマガジン1980年3月号』より  ©タカラ/成井 紀郎作  

ロボットベースを大図解! 『テレビマガジン1980年6月号』より  ©タカラ/成井 紀郎作  

前線でメンテナンスに活躍する巨大要塞

その誕生から35年目の2015年 、「ダイアクロン再起動!」の宣言と共に新たなダイアクロンワールドが見事復活。そして、ワルダー軍団への勝利に欠かせないマシンとして、2022年7月下旬、超重機<ポッドガントリー>が発売される。

超光学破壊兵器ウルティメイトサイクロン砲の発射モード  © TOMY 

超重機<ポッドガントリー>は、基地への緊急帰還が困難な前線や、作戦展開地点などで活躍する“移動メンテナンス基地型”の超重機マシンだ。

大型コンテナ型戦闘マシンが展開し、4基のハンガーブリッジと2基のクレーンアームを備えたタワー型ガントリーがそびえ立つ、多目的型整備基地形態へと変化する!

2機の大型クローラーで自走する、コンテナ型マシン形態。両側面にはミサイルランチャーと速射破壊砲を装備しており、戦闘力も高い!  © TOMY 

コンテナ型マシン形態から多目的型整備基地形態への変形シークエンス。ガントリータワーは3段階の高さに変更可能! 最大約26センチ(床面30センチ)の高さまで展開する   © TOMY 

ダイアクロン隊員や小型ビークルもセットに!

さらに、強化アーマースーツ「ダイアテクター」を装着した搭乗員も3体付属。身長3センチのボディに、頭・腕・腰・脚など合計10ヵ所の関節可動部があり、搭乗体勢はもちろん、メンテナンスや日常の何気ない仕草など、多彩なポーズを楽しめる!

ダイアクロン隊員/Ver.2.0。新規のヘッドセット装着タイプが3体付属している。足裏にはネオジム磁石を内蔵しており、鉄などの吸着素材上で自立が可能だ  © TOMY 

コックピット/展望管制室内には最大3基のコンソールを設置できるため、戦況に合わせてダイアクロン隊員を配備しよう!  © TOMY 

また、<ポッドガントリー>内にはリフトマシンも搭載。小型マシンへの搭乗や、各種メンテナンス時に運用することができる。

付属のリフトマシン(右)。左のように、付属の伸縮リフトを展開して、別売りのタクティカルムーバーの整備や搭乗遊びにも活躍するぞ!  © TOMY 

次のページへすでに発売されたシリーズとの連動も!
30 件