3月3日 人間が食糧生産牧場となる危機をウルトラセブンが救う!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 3月3日(1968年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「3月3日」(1968年)。

ブラコ星人の円盤  ©円谷プロ

1967年10月1日より放送が開始された『ウルトラセブン』。怪獣が自然災害に近い存在であることが多かった前作『ウルトラマン』に対し、本作は明確な侵略の意図を持った宇宙人が複数登場。多くの怪獣が、宇宙人の兵器として登場するのも特徴だ。

人類に好意を持ったウルトラセブンは、自らの命を捨てて仲間を救おうとした勇気ある青年・薩摩次郎の姿をかり、モロボシ・ダンと名乗って、ウルトラ警備隊に入隊。宇宙人の侵略から地球を防衛する。


アンヌ隊員の友人、ルリ子が何者かによって誘拐される。その後、ルリ子は発見されるが意識はなく、体表には奇妙な赤い胞子が。赤い胞子、それはブラコ星人の食料だった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

誘拐・動物盗難が多発! 足跡と円盤の謎

1968年3月3日は『ウルトラセブン』第22話「人間牧場」が放送された日。アンヌ隊員は、友人のルリ子の誕生日パーティーに参加していた。しかし、その様子を、怪しい何者かが夜の海の中から監視している。

そして、屋外にいる飼い犬のジョンが急に吠えはじめたかと思うと、すぐに苦しむような鳴き声が聞こえた。心配して様子を見に行くアンヌとルリ子だったが、首輪が残されているだけで肝心のジョンの姿はない。そして、ジョンを探すルリ子はブラコ星人に誘拐されてしまった。

アンヌは人間のものとは違う怪しい足跡と、ルリ子が身につけていたアクセサリーを発見。照明弾を発射すると、謎の円盤が海の中に潜るところを目撃した。アンヌの連絡で現場に急行したウルトラ警備隊は、姿を消した円盤を探すため、水上走行が可能なウルトラ警備隊の専用車両ポインターで、海上を捜査。しかし、海中に隠れていた円盤を発見することはできなかった。

一方、ブラコ星人にさらわれたルリ子は、無表情で円盤内に捕らわれていた。
次のページへルリ子とアンヌ、全人類の未来が危うい!
25 件