『白うさぎと天の音 雅楽のおはなし』

文:かんの ゆうこ 絵:東儀 秀樹

0 件
発売日 2015/06/12
価格 定価:本体1600円(税別)
ISBN-13 9784062195225
判型 A5
ページ数 98ページ

 雅楽は、日本古来の音楽です。
 雅楽では、「笙(しょう)」「篳篥(ひちりき)」「龍笛(りゅうてき)」の三つの管楽器が演奏の中心となり、それぞれ「天」「地」「空」を表現するとされています。
 それぞれの楽器を題材に、その由来と、音楽の喜びを描いた三つのお話。
 楽しみながら、日本の音楽への関心が高まります。

●光り降る音 ~笙のおはなし~
白うさぎには、天から降りてきた鳳凰の、うつくしい音が聞こえます。
その音が聞こえない他の動物たちに、「おまえはうそつきだ」と言われ、ひとりぼっちの白うさぎですが……。

●天つ風の音 ~龍笛のおはなし~
きびしい日でりがつづきました。
白うさぎは、山奥の池で「どうか、ゆたかな雨を降らせてください」と祈ります。
すると、おおきな龍がすがたをあらわして……。

●星月夜の音 ~篳篥のおはなし~
川のほとりで、白うさぎの耳に、やさしい歌声がきこえてきました。
「この川がどうして『涙川』とよばれるようになったのかを
あなたにそっとお話ししましょう」……。

「星月夜の音」(詩・かんのゆうこ、曲・東儀秀樹)オリジナル楽譜収録

※本書は、2002~04年に刊行された『光り降る音』『天つ風の音』『星月夜の音』を再構成したものです。

書店在庫を見る

オンライン書店