『ああ無情』

著:ビクトル・ユーゴー 訳:塚原 亮一

0 件
発売日 2011/01/18
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784062835671
判型 四六
ページ数 306ページ

悲惨な運命と不屈に闘う男の感動のドラマ
「これはおどろいた。前科者を泊めてくださるとは!」偉大な司教の愛が、ジャン=バルジャンを救った。
冒険、正義、愛情、涙と笑い――世界の名作にドキドキ、ワクワク

この物語(原題「レ=ミゼラブル」)は、19世紀前半のフランスが舞台の作品です。作者ビクトル=ユーゴーは、フランス革命以来の伝統である自由主義を踏みにじろうとするルイ=ナポレオンに反対して、19年間も国外に追放されていましたが、この間に数多くの作品を発表しました。5年の年月をかけて1862年に完成した、この作品もその1つです。発表以来、この物語は広く世界じゅうの人々に深い感動を与えてきました。それは、作者の創造した2人の中心人物――ジャン=バルジャンとミリエル司教の愛と正義、それらを実現するための勇気ある行動を通して、私たちに人間の理想を示しているからです。

世界中で少年少女に愛されている文学作品は、21世紀の日本の子どもたちに、国際人として欠かせない教養をもたらします。楽しく読みながら世界各国の歴史や文化も学べる、興奮と感動の「世界文学全集」の決定版です。

<目次より>
1.ミリエル司教
鍵のない家/旅の男/宿屋を追われて/あたたかいもてなし/銀の燭台/十九年ぶりの涙
2.ファンティーヌ
村の宿屋/ワーテルローの戦場/マドレーヌ市長のふしぎ/ジャッキのジャン/ジャベール警部/もう一人のジャン/法廷のマドレーヌ/ファンティーヌの最期
(以下略)

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ

おすすめ既刊

    もっと見る