『生きているだけでいい! 馬がおしえてくれたこと』

作:倉橋 燿子 装丁:坂川 朱音・西垂水 敦

0 件
発売日 2017/09/07
価格 定価:本体640円(税別)
ISBN-13 9784062856584
判型 新書
ページ数 196ページ

かしこくて、こわがりな動物、馬。その命を守る活動をしているのが、NPO法人『引退馬協会』代表の沼田恭子さんです。東日本大震災のときには、福島県南相馬市に入り、津波の被害にあった多くの馬を救いました。子どものころ動物が苦手だった沼田さんが、なぜ馬にかかわる仕事をするようになったのでしょう? 沼田さんと馬たちの交流と、馬を守る活動をえがくノンフィクション!<すべての漢字にふりがなつき・小学校上級以上>


かしこくて、こわがりな動物、馬。その命を守る活動をしているのが、NPO法人『引退馬協会』代表の沼田恭子さんです。東日本大震災のときには、福島県南相馬市に入り、津波の被害にあった多くの馬を救いました。子どものころ動物が苦手だった沼田さんが、なぜ馬にかかわる仕事をするようになったのでしょう? 沼田さんと馬たちの交流と、馬を守る活動をえがくノンフィクション!
<すべての漢字にふりがなつき・小学校上級以上>

はじめに 1 馬との出会い 2 自分さがし 3 乗馬クラブ設立 4 生きているだけでいい 5 守りたい 6 馬の里親制度 7 グラちゃん 8 ダメな子なんていない 9 さよなら 10 2011・3・11 11 可能性を開きたい あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店