『ポーチとノート』

著:こまつ あやこ

0 件
発売日 2021/10/28
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784065240816
判型 四六
ページ数 210ページ

2019年度の中学入試で最多出題作となった『リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ』で講談社児童文学新人賞を受賞、『ハジメテヒラク』で第54回日本児童文学者協会新人賞を受賞したこまつあやこ氏、待望の3作目。

未来の机の引き出しに入っているのは水色のノート。中学の頃からその時感じた気持ちをこっそりと綴っていた。そして、もう一つは10歳の時にプレゼントされたのにまだ一度も使われたことがない生理用品の入ったポーチ。
誰にも言えない体の悩みを抱えていた未来がある日恋に落ちて……。

「数日前に、未来ノートに綴った言葉をこっそり思い出す。

 ねえ今は
 同じ制服を着ていても
 いつかはみんな母になる?
 私一人
 取り残されちゃうのかな」  本文より。


埼玉県立浦和第一女子高等学校の生徒さん達からの感想

「この本は性についてだけでなく様々な悩みを持つ人への救急本になれると思う」
「どんなコンプレックスがあってもこれが私なんだよ、あなたとは少しちがうけどこれもなかなかいいじゃない?」
「ドキドキしながら読みました!自分は自分!青春の形もいろいろ!」
「多くの女子が不安に思う、体の成長を支えてくれる本!」
「保健の授業で習ったばかりで、とてもタイムリーな感じがした」
「なかなかオープンに話せない性のことを、やわらかな、でも芯のある筆で書いてあるところがよかった」
「中高生特有の焦燥感に共感」「違う境遇なのにここまで共感できたのははじめて」
「気持ち、伝わってるよ!と鼻の奥がじーんとした」
「性についてあまり考えたことがなかったが高校生のうちに読めてよかった」
「自分のことのようにとらえられて読めた、面白かった」
「生理って大事なんだなと思った。でもやはり面倒でうっとおしい存在です」
「アサエさんのような人が身近にいてくれたら。不安に押しつぶされそうな時に心が軽くなると思った」

1,アサエさんが来る 2,イルカの栞 3,コトバは∞(無限大) 4,暗号じゃなかった 5,猫はイルカに恋をする 6,救急本箱 7,二人の作戦 8,おみやげ 9,私は私なりに大事なことを 10,お泊り女子会 11,似た者親子 12,OK 13,十七歳のプレゼント

書店在庫を見る

オンライン書店

おすすめ既刊

    もっと見る