ディズニー・クイズ! 白雪姫が七人のこびとの家でやらなかったことは?

「ディズニーファン・チャレンジ」を受ける前に腕試しをしよう♪ 第6回

ディズニーファン·チャレンジチーム

ついにクイズが実施スタート!

「ディズニーファン・チャレンジ」、ついに実施スタートしました! みなさんはもうチャレンジされましたか? え? まだ迷っている?   そんな方のために、今回も本番に出るかもしれない問題をご紹介しちゃいます!! ぜひ参考にしてくださいね♪ ではいってみましょう〜! 

【問題】
白雪姫が留守中の七人のこびとの家で、動物たちとやらなかったことは?<『白雪姫』(1937)より>

①煙突掃除
②洗濯
③皿洗い
④料理

【答え】
 
「①煙突掃除」です

答えを詳しく解説! タスク管理がすごすぎた白雪姫

冷酷な継母の女王から逃れ、森に迷い込んだ白雪姫は、森の動物たちに案内されて森の奥深くにある小さな家へ。散らかり放題の家の中を見て、家事が得意な⽩雪姫は動物たちに仕事を振り分けます。

お片付け、皿洗い、暖炉の掃除……。煙突掃除までは頼みませんでしたが、自分もほうきを⼿にして、楽しそうに掃除を始めます。動物たちのおかげもあって部屋は⽚付き、⾒違えるほどきれいに。

そのあと料理をしてスープまで作った⽩雪姫は、7つの小さなベッドを見つけて眠ってしまうのでした。

こびとたちの名前の候補が楽しすぎた

この家の持ち主は、鉱山で宝石を掘って暮らしている七人のこびと。原作のグリム童話では7人に名前はありませんが、ウォルト・ディズニーは彼らに名前と個性を与えることにしました。1934年の設定メモでは、さまざまな名前が考えられています。

スクラッピー(けんか好き)、ドールフル(悲しげな)、ホッピー(はねまわりや)、ハングリー(はらぺこ)、スヌーピー(のぞきまわる)、グレイスフル(優雅な)……などなど、50もの名前が考案されました。

その結果、ドック(先生)、グランピー(おこりんぼ)、ハッピー(ごきげん)、バッシュフル(てれすけ)、スリーピー(ねぼすけ)、スニージー(くしゃみ)、ドーピー(おとぼけ)の7人となり、世界中にその名が知られることとなったのです。

「ディズニーファン・チャレンジ」でもっとディズニー愛が深まる♪

いかがでしたか? 白雪姫、スープまで作っていたなんてすごいですね。

「ディズニーファン・チャレンジ」は、ディズニーの長編アニメーション、歴史、テーマパークなど、さまざまなジャンルから全100問のクイズが楽しめるオンラインクイズです。ただいま大好評開催中! 参加者全員がもらえる豪華特典や、ここでしか買えない参加者限定のオンラインショップもあります。ぜひ挑戦して、あなたのディズニー愛を深めてくださいね!(※クイズ参加は有料です。)

クイズに参加した人が全員もらえる豪華グッズはこちら!
商品時計回りに
マルチケース(A4サイズ)、ノート(A5サイズ)、ステッカー、認定証、缶バッジ

©️Disney

ディズニーファン·チャレンジチーム

日本初のディズニー公式オンラインクイズイベント「ディズニーファン・チャレンジ」運営チームです。ディズニーのさまざまなクイズが全100問...