5月3日 ウルトラマンティガ レナがデシモ星系人に乗っ取られる!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 5月3日(1997年)

テレビマガジン編集部

グワームに囚われたレナを救え!

レナを乗っ取ったデシモ星系人は生体兵器の小型デシモニアとなって飛び去り、崑崙山脈に隠されていたグワームと融合。赤い煙を吐き、地球の大気を改造しようとする。ガッツウイング2号は、グワームの額の核をデキサスビームで攻撃しようとするが、そこにはレナが囚われていた。

ダイゴはウルトラマンティガに変身すると、崑崙山脈にテレポーテーション。レナを守るためにデキサスビームをその身に受ける。ピンチに陥るティガ。さらに、デシモ星系人は「この星を欲しがっているのは私たちだけではない」「私を殺すの?」とレナの言葉で語りかけ、ティガを追い詰める。

しかし、ティガは意を決してグワームに飛びかかり、スラップショット(光の刃をまとったチョップ攻撃)でレナが捕らわれた核を奪い返す。

そして、ティガはガッツウイング2号に合図を送る。ガッツウイング2号はデキサスビームを発射し、グワームを撃破するのだった。

宇宙鋼鉄竜 グワーム

長い首やその巨体でティガを苦しめた  ©円谷プロ PHOTO/講談社

【ウルトラ怪獣事典】
宇宙鋼鉄竜 グワーム
身長/65メートル
体重/7万8000トン

超宇宙人 デシモ星系人が中国の崑崙山脈に隠していた生体兵器。レナを乗っ取ったデシモ星系人が核となって一体化したことで、活動を開始する。赤いガスを吐き、地球の大気を改造しようとしていた。その皮膚はガッツウイング1号、2号の攻撃を物ともしない防御力を持つが、2号のデキサスビームを頭部に受けて爆散した。

登場エピソード:『ウルトラマンティガ』第35話「眠りの乙女」(1997年5月3日放送)
脚本:小中千昭/特技監督:大岡新一/監督:石井てるよし

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION

ウルトラマンシリーズが見放題になるスタンダードプラン期間限定無料キャンペーンを実施中!(2022年5月31日まで)『ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突』国内独占配信開始!!

5月3日はデシモ星系人がレナを乗っ取った日

5月3日は、デシモ星系人がレナを乗っ取りグワームと一体化したエピソードの日。デシモ星系人は休暇中のレナのところに現れ、彼女に乗り移ります。その後、レナはグワームと一体化させられてしまうものの、ティガはスラップショットを繰り出し、無事に救出することができたのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和 2022』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『復刻版テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラマンティガ超百科』 定価:1650円(本体1500円) 1997年刊行の完全復刻版。ティガの能力や秘密、怪獣や宇宙人、特捜チームGUTSのすべてがぎっしり詰まった決定版です。

24 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンTwitter @t...