5月2日 ウルトラマンダイナ 隊長を飲み込んだバゾブが基地を襲撃!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 5月2日(1998年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「5月2日」(1998年)。

グランドーム(左奥)を狙ってやってきたバゾブと戦うウルトラマンダイナ。ガッツイーグルS(左上空)も出撃  ©円谷プロ PHOTO/講談社

“平成ウルトラマンシリーズ”第2作の『ウルトラマンダイナ』は、宇宙の「光」と出会ったアスカ・シンの物語。防衛隊・スーパーGUTSの新米隊員であるアスカはウルトラマンダイナに変身し、フラッシュタイプ、ミラクルタイプ、ストロングタイプの3形態を駆使して謎の宇宙球体スフィアの脅威から地球を守る。

宇宙発電所ヘリオの視察に向かったヒビキ・ゴウスケ隊長が留守の間、指揮を任されたコウダ・トシユキ隊員。しかし、怪獣のバゾブがヘリオを飲み込んでしまう。さらにバゾブは地球平和連合TPC総合本部基地グランドームを襲撃。コウダはスーパーGUTSの基地でもある地球防衛の要、グランドームとそこにいる人々を守るため、ある決断を迫られる。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

ヒビキ隊長のいるヘリオをバゾブが襲撃

1998年5月2日は『ウルトラマンダイナ』第34話「決断の時」が放送された日です。ヒビキ隊長が実験中の衛星・宇宙発電所ヘリオの視察に向かうことが決まり、その留守の間、コウダ隊員が代理として指揮を任されることになった。そこで、ヒビキ隊長はコウダにある質問を投げかける。

「もし、戦いの中で、大を生かすために小を捨てることになったら、お前はどうする?」

コウダは、「どちらの命も生かすために全力を尽くす」と答える。それに対して隊長は、「もしその努力が実らずどちらかの決断をしなくてはならなくなった時はどうする?」とさらに問うと、「大を生かすために小を捨てます……と、言いたいところですがきっとできないでしょうね」と答える。

それを聞いたヒビキ隊長は、戦いの中で感情を捨てなければいけないこともあると、コウダに伝えた。

その後、ヒビキ隊長はヘリオに向かった。しかし、スーパーGUTS基地・グランドームはヘリオからのSOS信号をキャッチ。ヘリオがバゾブの襲撃を受けていたのだ。バゾブは、ヒビキ隊長とヘリオの職員がいるブロックを飲み込んでしまう。

スーパーGUTSはガッツイーグルS(スペリオル)で出撃。だが、バゾブに接近すると、なぜかガッツイーグルのシステムが停止してしまう。バゾブの体には強力な電流が流れており、その電磁波がコンピューターを停止させてしまったのだ。

さらに、バゾブは帰還したアスカたちのいるグランドームの近くに出現。電気エネルギーが豊富なグランドームに向かって進撃しはじめた。すると、司令室はバゾブからヘリオのSOS信号をキャッチする。ヒビキ隊長が生きていることを知ったスーパーGUTSだったが、兵器を使用できないためバゾブを止める手段がない。
次のページへ命を救い、バゾブを倒せ!
24 件