ガッチャードがドッキリショベルでドラゴンフライマルガムと対決!

3分でわかる『仮面ライダーガッチャード』見どころ&要チェックポイント!【第8話】

テレビマガジン編集部

ドラゴンフライマルガムとの戦いを繰り広げた第7話に続く『仮面ライダーガッチャード』第8話を、TELEMAGA.netが独自に注目した「見どころ」と、要チェックポイントに注目しつつ、本エピソードを振り返ってみましょう。コレを読んだら思わず本編をもう1回見たくなることまちがいなし!

見どころ その1:ガッチャードがスパイクホエールワイルドに変身!

逃げ出したサボニードルのため、ガッチャードは危機に陥るが……  ©2023 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 PHOTO/講談社
前回、一ノ瀬宝太郎は、サボテンのケミーであるサボニードルと仲良くしていた少年、理玖と出会いました。

理玖の父は教育熱心で、勉強に妨げとなる友だちは必要ないという考えの持ち主でした。しかし、その考え方に迷いが生じ、そこを冥黒の三姉妹につけ込まれて、理玖の父はドラゴンフライマルガムとなってしまったのです。

空から攻撃するドラゴンフライマルガムに対し、ガッチャードはニードルホークとなって応戦しましたが、突如ガッチャードライバーからサボニードルが逃げ出してしまい、上空で強制的に変身解除、真っ逆さまに落下してしまったのです。

宝太郎は咄嗟に取り出した、ギャンボエールとスパイクルのライドケミーカードでスパイクホエールワイルドに変身、驚異的な弾力性を発揮して衝撃を緩和し、見事着地に成功しました。

ドラゴンフライマルガムのトゲ攻撃も、スパイクホエールワイルドの潮噴射で防御しつつ、理玖少年とともにその場から逃走したのです。

変身解除した宝太郎でしたが、理玖からサボニードルの行方がわからないことを指摘されて、大慌てです。

そのころ、九堂りんねは、突如現れた冥黒の三姉妹のひとり、アトロポスと話をしていました。

アトロポスは、りんねの父についての情報をちらつかせます。さらに、一般の人々を操って、りんねに脅しをかけました。

これに対し、りんねは「攻撃するなら錬金術師だけにして」と戒めると、アトロポスは姿を消しました。

アトロポスは何かよからぬことを考えているようですが、何を企んでいるのでしょうか。気になるところでしたね!

見どころ その2:スマホーンでサボニードルの行方を追う宝太郎

サボニードルの居場所を探知したスマホーン  ©2023 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 PHOTO/講談社
一息ついた宝太郎は、理玖少年からサボニードルとの出会いについて聞き出しました。

ある日のこと、理玖が公園を歩いていたところ、茂みの中から声が聞こえ、見るとそこにサボニードルがひっくり返って動けずにいたのでした。

起き上がらせてあげた理玖は、「大丈夫?」とサボニードルに話しかけます。

サボニードルも友だちがほしかったようで、「それなら僕がなってあげる」と、理玖はサボニードルと友だちになったのです。

しかし、最近の成績が安定しない理玖を怪しんだ理玖の父が、ふたりの仲を引き裂いたというわけです。

宝太郎は、いっしょにサボニードルを探しにいこうと、ポケットからスマホーンを取り出し、サボニードルの居場所を探知、矢印が示した場所へいってみると、そこにサボニードルのトゲが落ちていました。

スマホーンはこのトゲを解析し、画面にいくつかの写真を映し出します。

そのなかに、理玖とサボニードルが初めて出会った公園が映されていました。

公園にたどり着いたふたりは、遊具に隠れているサボニードルを発見、サボニードルをいたわる理玖は、「大事な友だちだからいっしょにいたい」と、初めて自分の意思をあらわにしたのでした。

ケミーと人が穏やかに暮らせる世界を理想とする宝太郎は、理玖のためにひと肌脱ぐつもりです。

すると、そこへやってきたのは理玖の父でした。

一方、錬金アカデミーではドラゴンフライマルガムとの交戦中に、連絡が取れなくなった宝太郎の身をミナトが案じていました。

ミナトは理玖のことを鶴原錆丸に調べさせていたのですが、理玖は父ひとり子ひとりで、その父親は超エリートの商社マンであることがわかりました。

さらに、ケミーの反応とその近辺にある監視カメラの映像を照合したところ、ドラゴンフライマルガムの正体が理玖の父であることを知ったミナトは、宝太郎と理玖の行方を探りました。

見どころ その3:ガッチャードがドッキリショベルに変身!

ガッチャードはドッキリショベルに変身してトンボのマルガムと対決!  ©2023 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 PHOTO/講談社
宝太郎と理玖の前に現れた理玖の父は、「ケミーと仲良くなりたい」というふたりの言葉に耳を貸すこともなく、目の前でドラゴンフライマルガムへと変貌したのです。

トンボのマルガムは「宝太郎もサボニードルも理玖にまとわりつく害虫であり、だから自分がすべて排除する」と言い放ちました。

ドラゴンフライマルガムは、理玖ではなく宝太郎を狙っていたのです。

しかし、理玖が言うことを聞かないと知ると、無理にでもわからせようと迫ってきました。

すると、理玖の危機を察したサボニードルがトゲを放ったのです。

怒ったドラゴンフライマルガムが攻撃しようとしますが、宝太郎は咄嗟にサボニードルをかばいつつ、ガッチャード スチームホッパーに変身しました。

対決を始めると、そこに冥黒の三姉妹のひとりであるラケシスが現れ、彼女は「純度の高い器だ」と言いながら、ハピクローバーのカードを使って自らクローバーのマルガムとなり、戦い始めました。

ガッチャードは動きを封じられ、クローバーのマルガム、ドラゴンフライマルガムの攻撃がガッチャードに炸裂……するかと思いきや、黒鋼スパナが変身したヴァルバラドの攻撃がガッチャードを守りました。

ガッチャードは動けずにいますが、駆けつけたりんねが、ガッツショベルとドッキリマジーンのライドケミーカードをガッチャードに投げ渡し、これをガッチャンコしたガッチャードは、ドッキリショベルにフォームチェンジして拘束を解きました。

さらに、ドッキリショベルの技で上空にいるドラゴンフライマルガムの目を回させると、あえなくマルガムは落下。クローバーのマルガムに対したヴァルバラドは必殺技を繰り出しますが、ラケシスは逃げ去ってしまいました。

ガッチャードはサボニードルのカードをケミーライザーに装塡してドラゴンフライマルガムに向けてトゲトゲを発射、ニードルホークに変身してガッチャートルネードで攻撃したところを、ライダーキックで撃破しました!

グレイトンボが抜け出た理玖の父は元に戻り、理玖に謝罪し、理玖とサボニードルの関係の大切さを理解したようです。

「宝太郎がケミーと理玖を無理矢理引き合わせたことで親子の仲が引き裂かれた、それがケミーが乱す秩序だ」とミナトは諭しますが、新しいケミーを回収できたことも事実なので、今回は宝太郎のことを見逃してくれました。

サボニードルは身体のトゲを放出して花を咲かせ、その花を友だちの印として理玖に手渡し、カードへと戻っていきました。

理玖少年とサボニードルが一緒に遊べるようになる世界にすることを、宝太郎は理玖に約束したのです。

しかし、冥黒の三姉妹はまた何かを企んでいるようです。

次回はどんなケミーが登場するのか、そして宝太郎がどんな活躍をするのか今から楽しみですね!
今回ガッチャ! したケミーたち

ガッツショベル
スーパーパワーがうなるショベルカーのケミー。長いアームで大地を削り取る。

ドッキリマジーン
自慢のトリックで相手を翻弄するマジシャンのケミー。

ハピクローバー
小さくて可憐なクローバーのケミー。見つけたらハッピーになれる。

グレイトンボ
矢のように一直線に飛んでくるスマートなトンボのケミー。
『仮面ライダーガッチャード』クイズ

理玖少年の父親の名前は?

①堅一 ②堅二 ③堅三
次のページへ 『仮面ライダーガッチャード』クイズの答え
23 件