800年前の王とは? グリードとは? 『仮面ライダーオーズ』の深淵!

Vシネクストが絶賛公開中! 知れば知るほど深い『仮面ライダーオーズ』素晴らしき世界!

テレビマガジン編集部

仮面ライダーシリーズでも屈指の名作が、Vシネクストで登場!

Vシネクスト『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』で激しい戦いを繰り広げる、800年の眠りから蘇った古代オーズとオーズ  © 2022 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 © 石森プロ・東映

2022年3月12日から上映中の『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』。もう、あなたは観ただろうか? そのクオリティーの高さに感涙するファン続出の、素晴らしい作品だった。

「観ていない」というあなたは、ぜひお目通しいただきたい。

さて、そもそも『仮面ライダーオーズ』とはなんぞやという方もいるはずだ。ファンには言うまでもない情報ではあると思うが、まずは簡単に説明させて欲しい。

2010年9月から2011年8月までテレビ朝日系で放送された平成仮面ライダーシリーズの第12作である。

ストーリーは、800年の眠りからメダルの怪人「グリード」が目覚め、人間の欲望を利用するグリードたちから、右腕だけのグリード・アンクに促され、仮面ライダーオーズとなった火野映司が人々の命を守るための戦いを描いた。

また放送当時、変身アイテムであるメダルの玩具の生産数が、その年の1円・5円・50円玉の発行数を上回ったことでも話題となるなど、平成仮面ライダーシリーズ屈指の人気作品である。

その人気ゆえに、10周年を記念して完全新作が公開される運びとなったわけである。

映司が旅立った10年後の世界は、王とグリードに侵略されていた…

古代オーズは、オーズの宿敵であるグリードを復活させた。左からガメル、メズール、カザリ、ウヴァ © 2022 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 © 石森プロ・東映​​​

それでは、2022年3月から上映中の『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』についても、ストーリーを簡単に説明しよう。

2021年、世界は混沌と恐怖に包まれていた。古代オーズが、800年の眠りからよみがえったのだ。グリードのウヴァ、カザリ、メズール、ガメルも復活させた古代オーズは、人類を絶滅させ、この世界を手に入れようとしていた。

かつてグリードと戦った後藤慎太郎や伊達明は、レジスタンスとして応戦。旅に出ていた火野映司も帰還する。だが、古代オーズの力は凄まじく、人類の劣勢は揺るがなかった。

そんな中、あの「割れたコアメダル」に異変が起こり、アンクが復活する。はたして、映司とアンクの運命は? いま、人類の生き残りを懸けた戦いが始まる……!

本編にも、Vシネクストにも大きく関わる王とは? グリードとは?

10年ぶりに再会したアンクと映司。その胸中によぎるものは……  © 2022 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 © 石森プロ・東映

といった内容なのだが、ここで重要になってくるのが、「王」と「グリード」という2つのキーワードだ。

そもそも、ドラマ本編の主人公である映司の前にオーズだったのが、今回の最大の敵となる「王」だ。さらに、ドラマ本編でメダルを奪い合い、オーズとアンクと激しい戦いを繰り広げ、Vシネクストでは「王」に従い攻撃を仕掛けてくるのが、「グリード」だ。

すなわち、『仮面ライダーオーズ』とは、800年前から現在に至るまで繰り広げられる、「王」と「グリード」の物語であるといえる。

だからこそ、「王」と「グリード」について知れば、『仮面ライダーオーズ』をより深く知ることができるのだ。以下で800年前の「王」と「グリード」の因縁について説明していこう。
次のページへ800年前から続く、王とグリードの因縁
21 件