『芭蕉さん』

その他:松尾 芭蕉 絵:丸山 誠司 その他:長谷川 櫂

0 件
発売日 2017/03/22
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN-13 9784061333130
判型 B20取
ページ数 44ページ

芭蕉の俳句の魅力がわかる。芭蕉が好きになる。俳句を詠んでみたくなる。人気急上昇中の絵本作家・丸山誠司さんと、松尾芭蕉研究の第一人者・長谷川櫂さんの、わくわくコラボレーションです。小学校の教科書(3年国語)で習う芭蕉の俳句を中心に、ぜんぶで21句を楽しい絵とともに紹介し、わかりやすい解説を添えました。


芭蕉の俳句の魅力がわかる。
芭蕉が好きになる。
俳句を詠んでみたくなる。
人気急上昇中の絵本作家・丸山誠司さんと、松尾芭蕉研究の第一人者・長谷川櫂さんの、わくわくコラボレーションです。
小学校の教科書(3年国語)で習う芭蕉の俳句を中心に、ぜんぶで21句を楽しい絵とともに紹介し、わかりやすい解説を添えました。

■鑑賞編 古池や 蛙飛びこむ 水の音★ 山路来て 何やらゆかし すみれ草 名月や 池をめぐりて 夜もすがら★ さまざまの事 おもひ出す 桜かな かたつぶり 角振り分けよ 須磨明石 蛸壺や はかなき夢を 夏の月 行く春や 鳥啼き 魚の目は泪 あらたうと 青葉若葉の 日の光 しばらくは 滝にこもるや 夏の初 夏草や 兵どもが ゆめの跡 閑さや 岩にしみ入る 蝉の声★ さみだれを 集めてはやし 最上川★ 雲の峰 いくつ崩れて 月の山 暑き日を 海に入れたり 最上川 荒海や 佐渡によこたふ 天河★ 蛤の ふたみに別れ 行く秋ぞ 行く春を 近江の人と をしみける 蜻蜒や とりつきかねし 草の上 物いへば 唇寒し 秋の風 秋深き隣は 何を する人ぞ 旅に病んで 夢は枯れ野を かけ廻る (★は小学国語の教科書に掲載されている俳句)  ■解説編 ・芭蕉さんて、どんな人? ・俳句って、どんな詩? ・21の名句を鑑賞しよう

書店在庫を見る

オンライン書店