『ねらわれた街 -テレパシー少女「蘭」事件ノート-』

著:あさの あつこ 絵:塚越 文雄

0 件
発売日 1999/03/15
価格 定価:本体580円(税別)
ISBN-13 9784061485013
判型 新書
ページ数 238ページ

「夢水清志郎」と「パスワード電子探偵団」に強力なライバル出現!
その名も「テレパシー少女・蘭」だ~!!

主人公・蘭(らん)は、どこにでもいそうな中1の普通の女の子。
その兄の凛(りん)は、料理が得意な高校2年生。
蘭がぞっこんなB・F(ボーイフレンド)の留衣(るい)は、やさしくて、とても無口。
母の玲奈は、ノー天気で、ドジな自称・ホラー作家。
そして、普段は寡黙な漬物博士の父・論平(ろんぺい)さんは磯崎家の大黒柱。
――すなわち、この本の裏コードネームは、「らりるれろ探偵家族(ファミリー)」と申します。

蘭は超能力を持っている。といっても、本人にその自覚はあまりない。ところが、転校生の翠(みどり)と知りあって以来、背すじがぞっとするような視線を感じたり、謎の怪人におそわれたりと、おかしなことがおこったため、のんきな蘭も、ついに調査にのりだした。事件のむこうに見えた真実とはなにか?そして超能力対決の結末は?蘭とユニークな仲間たちが活躍するSFミステリー。

 おもな登場人物 1 謎の声 2 転校生 3 屋上の事件 4 翠の話 5 戦闘開始 6 仮面怪人 7 犬の群れ 8 夜の屋上 9 解決 10 夏の日差し  あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ