『義足のキリン たいようの一生』

編:朝日新聞秋田支局 文:小鷲 順造

0 件
発売日 2003/12/17
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN-13 9784062119740
判型 A5
ページ数 144ページ

たいようが、私たちに残したメッセージ
動物も人間も同じ地球上で誕生し、成長し、死んでいく。それならば、もっと心を通わせ、いっしょに生きていることを実感しあえる関係になってもいいんじゃないか……。

たいようは、危険な麻酔手術にたえ、義足つけかえ手術も何度も乗り越えたが、骨折事故から87日目、最後まで立ち上がろうとがんばりつづけながら、そのいのちを終えてしまった。まだ生まれて10か月のいのちだった。この本は、たいようの闘いと、それをささえつづけた人々の物語である。

小松園長はにっこりと微笑んで、子どもたちから動物園に寄せられた手紙や、たいようの絵などを机に広げた。これからの動物園にとって一番大切なのは、目の前の動物がいつ生まれて、いま何歳で、どんな性格で、何が好物で、どんな癖があるのかなど、それぞれひとつひとつのいのちを知ることだ、と思う。そして、そうすることで、動物を好きになり、大事にしていくことに結びつくのだと思う。(本文より)

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ