『真田十勇士 猿飛佐助』

文:後藤 竜二 絵:吉田 光彦 解説:尾崎 秀樹

0 件
発売日 1998/01/20
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN-13 9784062680059
判型 四六
ページ数 302ページ

少年忍者・猿飛佐助、ふたたび参上!
かつて、日本じゅうを熱狂させたヒーローが、いま、さわやかによみがえった。

豊臣秀吉が天下を平定し、朝鮮半島へ出兵をはじめたころ。信州・鳥居峠で、けものをなかまに暮らしていた忍者・佐助は、戦国の若き名君・真田幸村の家来となる。怪力坊主・三好清海入道とともに、豪傑さがしの全国行脚にでた佐助には、もうひとつの目的があった。――かつて、日本じゅうの人々が熱狂した傑作講談が、ヒューマニズムあふれる快作としてよみがえる。

1 天狗の親子 2 白馬の武士 3 さらば! 4 故郷の山河 5 奇々怪々! 6 人は城 7 自分の主人は 8 山猿参上 9 名物たこおどり 10 諸国漫遊 11 ここで会ったが百年目 12 山賊大将 13 子どもではない! 14 再会 15 仇討ち相撲 16 名行司 17 純情 18 南禅寺の怪人 19 聚楽第 20 五条河原の大入道 21 義兄弟 22 金のしゃちほこ、飛ぶ 23 犬死に無用! 24 海賊大将 25 人買い船 26 だれかが見ている 27 子育て寺 28 人質の少女 29 悪はほろぶ 30 風雲 31 おわりに

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ