『源氏物語 下』

著:瀬戸内 寂聴

0 件
発売日 2009/11/18
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784062827560
判型 四六
ページ数 306ページ

貴族社会を描き尽くした一大叙事詩
人間って……弱い生きものなんだなあ。
辞書なしで、古典の名作がラクラク読める!

帝の子として生まれ、光り輝く美貌と才智で位を得、富と名声を得、数多の恋を成就させた源氏。六条院での源氏の栄華は、はてしなく続くように思われたが、その子夕霧、そして内大臣の息子柏木の恋の炎がいやおうなしに源氏をまきこんで渦まく。源氏にも日、一日と人生の秋がしのびよっていた――。王朝大河ロマン、波乱のクライマックス。

名作古典文学を21世紀の少年少女たちに!読みやすいふりがな、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、日本の古典文学にはじめて出会う少年少女の理解を助ける古典文学全集の決定版です。

<目次より>
野分(のわき)/真木柱(まきばしら)/藤(ふじ)の裏葉(うらば)/若菜(わかな) 上/若菜(わかな) 下/柏木(かしわぎ)/夕霧(ゆうぎり)/御法(みのり)/幻(まぼろし)/浮舟(うきふね)

監修
司馬遼太郎/田辺聖子/井上ひさし
編集委員
興津要/小林保治/津本信博

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ

おすすめ既刊

    もっと見る