『ロミオとジュリエット』

著:ウイリアム・シェイクスピア その他:イーディス・ネズビット 訳・解説:八木田 宜子

0 件
発売日 2010/10/19
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN-13 9784062835534
判型 四六
ページ数 274ページ

天才劇作家が紡ぎ出す運命のドラマ
「ああ! なぜあなたはロミオなの?」大敵どうしの2つの家の、娘と息子が恋に落ちた!
冒険、正義、愛情、涙と笑い――世界の名作にドキドキ、ワクワク

シェイクスピアといえば、知らない人がいないほど有名な、イギリスの生んだ大劇作家です。日本でいえば戦国時代から江戸時代初期に生きた彼は、話し言葉を大胆に駆使して、人間の心にひそむさまざまな心の動きをみごとに書きわけました。この本には、彼の書いた37編の戯曲のうち14編の作品を、イギリスの著名な児童文学者ネズビットの再話で紹介します。ネズビットは原作の台詞を生かしながら、とても親しみやすい美しい物語に書き直しています。この本がシェイクスピア作品への入門書となることを祈っています。

世界中で少年少女に愛されている文学作品は、21世紀の日本の子どもたちに、国際人として欠かせない教養をもたらします。楽しく読みながら世界各国の歴史や文化も学べる、興奮と感動の「世界文学全集」の決定版です。

<目次より>
ロミオとジュリエット
ハムレット
テンペスト
ベニスの商人
真夏の夜の夢
冬物語
十二夜
まちがいの喜劇
お気にめすまま
ベローナの二紳士
ペリクリーズ
シンベリン
マクベス
オセロー

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ