2021.11.19

11月19日 帰ってきたウルトラマン 超傑作「怪獣使いと少年」が放送

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 11月19日(1971年)

「ウルトラマン」が登場した1966年以来、半世紀にわたって脈々と続くウルトラシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに胸踊らせてきた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「11月19日」(1971年)。
 他の「ウルトラ怪獣日和」を見る 

雨の中で戦うウルトラマンジャックとムルチ
©️円谷プロ

1971年4月2日より放送が開始された『帰ってきたウルトラマン』の主人公は郷 秀樹。カーレーサーを目指していた郷は、怪獣タッコングの襲撃の際に子どもを守って命を落とすもウルトラマンジャック(劇中での呼称は「ウルトラマン」)と一体化し復活。怪獣攻撃隊MAT(マット)に入隊し、怪獣から地球を守るために戦うことを決意する。

正体がわからないモノに、人間は恐怖を感じるといわれています。『怪獣使いと少年』は、そんな人間の暴走する恐怖心や集団心理を描いたエピソード。


ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

宇宙人だと迫害される少年・良

1971年11月19日に放送されたのは『帰ってきたウルトラマン』33話「怪獣使いと少年」。廃墟で暮らす少年・良はひたすら穴を掘っていた。良は「超能力を使った」と噂され、宇宙人と決めつけられて中学生から暴力をふるわれ、街では食べ物を売ってもらえないなどといった迫害を受けている。

MATが良の身元調査を行うと、良は北海道生まれのれっきとした地球人だった。また、東京に仕事を探しに来た父親は蒸発、母親は病死した天涯孤独な身の上であることも判明する。郷は良が留守のうちに、良が決して誰も通さなかった廃墟の2階を訪れる。そこには金山と名乗る老人の姿をしたメイツ星人がいた。

1年前、地球の風土調査にやってきたメイツ星人は、怪獣・ムルチに襲われ、冷たい雨で衰弱していた良を助けるためムルチを封印。良とともに暮らすうちに、ふたりの間には親子のような絆が生まれていた。しかし、地球の汚染された環境にメイツ星人の体は蝕まれ、動くこともままならなくなっていた。良は、メイツ星人が地中に埋めた宇宙船を掘り起こし、ふたりでメイツ星に行こうとしていた。

メイツ星人が息絶え、ムルチが目を覚ます

突如、良たちのもとに市民たちが武装して乗り込んできた。郷は市民たちを必死で止めようとするが、暴徒化した市民たちを抑えることはできず、良は連れ去られそうになる。

それを見たメイツ星人は、自分が宇宙人だと市民たちの前に姿を現す。しかし、市民たちの暴走は勢いを増し、ついに警官がメイツ星人に発砲。メイツ星人は血を流し、息絶えてしまう。

そこに、地底からムルチが現れた。メイツ星人が死んだことで、封印が解けたのだ。ムルチは街を破壊し、火を噴いて人間を襲う。市民たちは怪獣を退治してくれと叫ぶが、郷は「勝手なことを言うな。怪獣をおびき出したのはあんた達だ。まるで金山さんの怒りが乗り移ったかのようだ……」と呟く。

しかし、ひとりの僧侶(MATの伊吹隊長だった)が郷を諭し、郷はウルトラマンジャックに変身する。1年前に良が襲われた時と同様に冷たい雨が降りしきる中で、ジャックはムルチに戦いを挑み、最後はスペシウム光線で撃破した。

宇宙人の疑いが晴れた良。しかし、良は穴を掘り続ける。地球に「さよなら」を言うために……。

巨大魚怪獣ムルチ

メイツ星人の封印が解け、暴れはじめるムルチ
©️円谷プロ PHOTO/講談社

【ウルトラ怪獣事典】
巨大魚怪獣ムルチ
身長/48メートル
体重/1万トン

メイツ星人の念動力によって地中に封印されていた怪獣。メイツ星人が死亡したことで、封印が解けて再び出現する。口から火を吐き、両腕のヒレで敵を叩きのめす。

『帰ってきたウルトラマン』第33話「怪獣使いと少年」(1971年11月19日放送)
脚本:上原正三/監督:東條昭平/特殊技術:大木 淳

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。
ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
https://imagination.m-78.jp/

ウルトラな毎日を手帳と共に!?

こんなデータが凝縮されているのが『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』。
いわば「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳です。
・週間カレンダー:その日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文。
・月間カレンダー:テレビの放送開始日や映画の公開日。
・作品の詳細なデータをリスト化(巻末)。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザインが楽しめます。
丈夫なビニールカバー付きで、リアルな日常使いにも耐えるスペックです。
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)

11月19日はメイツ星人が亡くなってしまった日

11月19日は、迫害されていた少年・良と善良な宇宙人・メイツ星人との絆が描かれたエピソードの日。宇宙人を恐れる暴徒化した市民が原因でメイツ星人が亡くなり、怪獣ムルチが出現してしまいます。ウルトラマンジャックはメイツ星人を死に追いやった人間に憤りを感じながらも、最後は人々を守るために戦うのでした。
今なお解決が難しい差別、いじめなど、放送当時から話題になり、考えさせられる物語です。

『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和2022』
書店にて好評発売中! 定価1650円(税込)
Ⓒ円谷プロ Ⓒウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

「ウルトラマンシリーズ版『今日は何の日?』」というコンセプトの手帳。
・週間カレンダーにはその日に放送された1作品をピックアップしたミニ紹介文を掲載。
・月間カレンダーにもテレビの放送開始日や映画の公開日を掲載。
・巻末には週間カレンダーで紹介した作品の詳細なデータをリスト化。気になったエピソードのサブタイトルや主な登場怪獣・宇宙人も確認できる。
・全ウルトラマンシリーズのウルトラヒーローや防衛チーム、あらすじ、関連映像作品を55ページにわたって大紹介。
・怪獣出現地マップも掲載。
・カバーをはずすと、ウルトラマンシリーズ味満載ながらもシックなデザイン。
・丈夫なビニールカバー付き。

©円谷プロ


★テレマガ刊行 ウルトラ怪獣の本

決定版 全ウルトラ怪獣完全超百科 ウルトラQ~ウルトラマンパワード編

決定版 全ウルトラ怪獣完全超百科 ウルトラマンティガ~ウルトラマンマックス編

決定版 全ウルトラ怪獣 完全超百科 ウルトラマンメビウス~ウルトラマンタイガ編

決定版 ウルトラ怪獣大集合 パーフェクト超百科
※ウルトラQからウルトラマンXに登場した1199体が大集合!

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。
SNS:テレビマガジンTwitte...