世界でいちばん大きなザリガニ『タスマニアオオザリガニ 』は赤ちゃん二人分の重さ⁉︎

とつぜんだけど、ザリガニってカッコいいよね。
エビの仲間とは思えないほど大きな体!そしてハサミ!
日本に昔からいるニホンザリガニだとハサミまでふくめた体の長さは数センチ、アメリカからやってきたアメリカザリガニやシグナルザリガニだと20センチ近くにもなる。
僕も小さなころザリガニつりに夢中になったなぁ…。タコ糸にスルメをしばりつけてさ…。
そう、今も昔も大きなザリガニたちはクワガタやカブトムシとならぶ子どもたちのヒーローだ。

…じゃあさ、世界一大きなザリガニってどれくらいでっかいと思う?どこにいると思う?

出た! これが世界最大のザリガニ、タスマニアオオザリガニだ!

ふつうのザリガニとはくらべものにならない巨大さ。

で、デカい…! デカすぎる。ロブスターよりデカいぞこれ…。
でも見た目はたしかにザリガニだよなあ…。

この巨大なザリガニの名は『タスマニアオオザリガニ』。

ハサミまでふくめた体の長さはなんと90センチにもなるとか。体重は大人になると1キロ以上。大きなものでは4キロ。今まで捕まった最大のものではなんと6キロのものまでいたという。

ちなみに、ぼくら人間は生まれたばかりの頃はだいたい3キロくらい。赤ちゃん二人分のザリガニって…!

(左上)おなじみのアメリカザリガニ。
(右下)アメリカからもちこまれ、日本では北海道や東北などのつめたい湖にいるシグナルザリガニ(ウチダザリガニ)。アメリカザリガニよりも大きいが、それでも手のひらにのるサイズ。

これらと比べるとその大きさは一目瞭然!
そんな巨大ザリガニは一体どこにいるのか。


『タスマニアオオザリガニ』がいるのはオーストラリアのタスマニア島という九州くらいの大きさの島。タスマニアデビルやウォンバットをはじめ、ここにしかいない動物がたくさんいる不思議なところなんだ。

タスマニアデビル

巨大ザリガニがくらすタスマニア島の小川

そしてこの島の森を流れる小さな川に、そのモンスターザリガニはひそんでいるのだ。

まさにモンスター!

しかも性格はけっこう怒りっぽくて、捕まえると大きなハサミをふりまわして攻撃をしてくる。めっちゃ怖い!けれど動きはにぶいし、にげあしも遅い。やっぱり大きすぎる体がおもいのかな?

後編へ続く!
次回は『タスマニアオオザリガニ』の捕獲作戦。
大好物の意外な食べ物でおびき寄せます!
お楽しみに!